メインメニューを開く

小池 直人(こいけ なおと、1956年- )は、日本の哲学者名古屋大学准教授。元唯物論研究協会委員長。デンマークを研究し同国の哲学者グルントヴィを翻訳している。

目次

人物・経歴編集

群馬県生まれ。1984年名古屋大学大学院文学研究科哲学専攻単位取得退学。1991年名古屋大学教養部専任講師。1995年同情報文化学部助教授。2003年同情報科学研究科助教授。2007年准教授。2003~2004年コペンハーゲン大学政治学研究所客員研究員。2014年唯物論研究協会委員長[1][2]

著書編集

  • 『デンマークを探る<改訂版>』風媒社 2005
  • 『デンマーク共同社会(サムフンズ)の歴史と思想 新たな福祉国家の生成』大月書店 2017

共編著編集

  • 『時代批判としての若者』池谷寿夫共編著 同時代社 1994
  • 『生き方のかたち 現代社会と若者』池谷壽夫,高木傭太郎共編 かもがわ出版 2000
  • 『平等主義が福祉をすくう 脱〈自己責任=格差社会〉の理論』竹内章郎,中西新太郎,後藤道夫,吉崎祥司共著 青木書店 2005
  • 『福祉国家デンマークのまちづくり 共同市民の生活空間』西英子共著 かもがわ出版 2007

翻訳編集

  • ハル・コック『生活形式の民主主義 デンマーク社会の哲学』花伝社 2004
  • ハル・コック『グルントヴィ デンマーク・ナショナリズムとその止揚』風媒社 2007
  • 『グルントヴィ哲学・教育・学芸論集 1 世界における人間』風媒社 2010
  • 『グルントヴィ哲学・教育・学芸論集 2 生の啓蒙』風媒社 2011
  • 『グルントヴィ哲学・教育・学芸論集 3 (ホイスコーレ 上)』風媒社 2014
  • 『グルントヴィ哲学・教育・学芸論集 3 (ホイスコーレ 下)』風媒社 2015

論文編集

編集

  1. ^ 『福祉国家デンマークのまちづくり』著者紹介
  2. ^ [1]唯物論研究協会

外部リンク編集