小笠原 長徳(おがさわら ながのり)は、戦国時代の武将。石見国邑智郡河本郷(現在の島根県邑智郡川本町)の川本温湯城を本拠地とする国人石見小笠原氏の第13代当主。

 
小笠原長徳
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 天文16年8月21日1547年10月4日
別名 与次郎(通称
戒名 華笑源栄院殿居士
墓所 島根県邑智郡川本町大字三原
官位 兵部大輔弾正少弼
主君 小笠原長隆大内義隆
氏族 清和源氏義光流石見小笠原氏
父母 父:小笠原長隆 母:佐波秀連の娘
兄弟 長徳君谷長晴長国(甘南備寺昌章)長実長相長次山名式部少輔
福屋氏
長雄隆章
テンプレートを表示

生涯編集

石見小笠原氏第12代当主・小笠原長隆の長男として生まれる。

長徳は、父・長隆と共に、周囲の国人である佐波氏福屋氏と争い、石見大森銀山を巡って大内氏尼子氏とも戦いを繰り広げた。天文11年(1542年4月4日に父が死去し、その後を継ぐが、長隆と長徳の代に石見小笠原氏の所領は邑智郡邇摩郡安濃郡の三郡にまたがり、石見国東部で最大のものとなった。また、石見大森銀山の経営にも重要な役割を持つなど、石見小笠原氏の隆盛期を迎えた[1]

長隆の死の直前の天文11年(1542年)3月、大内義隆が自ら大軍を率いて山口を進発し、尼子晴久出雲国へ攻め入った(第一次月山富田城の戦い)。この出雲遠征において石見国では益田藤兼福屋隆兼出羽祐盛佐波隆秀本城常光吉川経安久利清六らが大内義隆に味方し、石見小笠原氏も大内氏へ味方した。長徳は嫡男の長雄を大内義隆の下に派遣し、自らは同年7月に尼子氏が押さえていた石見大森銀山を攻撃。尼子方の将兵を追い払って山吹城へ入城した[2]

しかし、天文12年(1543年)4月に吉川興経三刀屋久扶三沢為清、本城常光、山内隆通らが尼子方へ寝返ったため大内義隆は撤退。尼子晴久は激しく追撃し、大内軍の殿を務めた毛利元就の軍などに甚大な被害を与えた。勢いに乗った晴久は7月に大軍を率いて石見国に侵入し、久利清六や佐波隆秀らを攻撃した。最終的に石見大森銀山を再び奪取して出雲国へ帰国する[3]

天文15年(1546年6月17日、長雄と共に甘南備寺の寺領を安堵する[4]

天文16年(1547年8月21日に死去。嫡男の長雄が後を継いだ。

脚注編集

  1. ^ 『川本町文化財シリーズⅤ 石見小笠原氏史と伝承』3頁。
  2. ^ 『萩藩諸家系譜』112頁。
  3. ^ 『萩藩諸家系譜』113頁。
  4. ^ 『川本町誌 歴史編』271頁。

参考文献編集

先代
小笠原長隆
石見小笠原氏当主
1542年 - 1547年
次代
小笠原長雄