小笠原 長高(おがさわら ながたか)は、戦国時代の武将。小笠原貞朝の長男。別名は豊松丸、彦五郎。官位は 右馬助、左京大夫。馬伏塚城主。信濃守護小笠原氏の一族。高天神小笠原氏の祖とされる。

 
小笠原長高
時代 戦国時代
生誕 長享2年(1488年
死没 天文13年10月4日1544年10月20日
別名 豊松丸、彦五郎
官位 右馬助、左京大夫
主君 吉良義堯今川氏親
氏族 清和源氏義光流小笠原氏
父母 父:小笠原貞朝、母:武田氏
兄弟 長高(高天神小笠原氏)、長棟定政
大日方長利
正室:吉良義元
春義宗長吉良氏朝朝宗朝定
特記
事項
高天神小笠原氏祖
テンプレートを表示

父の貞朝は、先妻の武田氏との間に生まれた長男の長高を廃嫡し、後妻の海野氏との間に生まれた次男の長棟を偏愛し、後継者とした。廃嫡された長高は尾張知多郡に出奔して、後に三河幡豆郡に移り、吉良義堯、ついで今川氏親に仕官する。遠江国浅羽荘を領し、馬伏塚城に住する。享年57。法名は浄願。長男の小笠原春義が家督を継いだ。

参考編集