メインメニューを開く

小野 一也(おの かずや、1968年8月13日 - )は、福岡県北九州市小倉南区出身の元プロ野球選手(投手)。

小野 一也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県北九州市小倉南区
生年月日 (1968-08-13) 1968年8月13日(50歳)
身長
体重
180 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1986年 ドラフト2位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

常磐高校時代はとにかく球速が速いことで知られ、中日ドラゴンズに入団した左腕の近藤真市と比較して「東の近藤、西の小野」と呼ばれていた。また1986年春の福岡県大会ではノーヒットノーランを含む4試合連続完封試合を記録した。無名校で甲子園出場は果たせなかったものの、12球団が獲得に動くほどの注目を集めた。特にロッテが1位指名でどうしても欲しいと猛アプローチ。だが本人のセ・リーグ希望の強い意志があり1986年にドラフト2位で広島に入団した。

プロ1年目は、高校3年生の最後の夏の大会で痛めたヒジ痛のため、ウエスタンリーグでもほとんど登板がなかった。しかし秋のアメリカ教育リーグでいきなり完封し頭角を現し始め、大野豊津田恒実以来の完封ということで2年目の春のキャンプでは一軍入りも大いに期待されていた。しかし中日とのオープン戦に先発した初回に持病のヒジ痛が再度悪化、その後手術。リハビリにより投球できるまでに回復したが1990年シーズン途中、首脳陣との起用方法等のトラブルにより6月に自ら現役引退を申し入れて任意引退した。 現在は広島で保険コンサルタント会社を経営している。

詳細情報編集

年度別投手成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 63 (1987年 - 1991年途中)

関連項目編集