メインメニューを開く

小野 健一(おの けんいち、1919年1月2日[1] -2010年10月8日 )は、物理学者、科学史家、東京大学名誉教授。

神奈川県生まれ。東京帝国大学理学部物理学科卒。1962年「重粒子崩壊の相互作用」で東京大学理学博士。東大理学部助手、1953年東大教養学部助教授、教授、79年定年退官、名誉教授。1979年の『鳥の飛翔に関する手稿』の翻訳でマルコ・ポーロ賞受賞。

目次

著書編集

編共著編集

翻訳編集

  • ラディスラオ・レティ編『知られざるレオナルド』裾分一弘ほか共訳 岩波書店 1975
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ『マドリッド手稿』日本語版監修:下村寅太郎等 裾分一弘,久保尋二清水純一山田智三郎共訳 岩波書店 1975
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ『鳥の飛翔に関する手稿』谷一郎斎藤泰弘共訳(岩波書店、1979年)
  • 『解剖手稿 ウィンザー城王室図書館蔵』ケネス・D.キール/カルロ・ペドレッティ原典翻刻・注解 山田致知監修、裾分一弘・清水純一・池田廉・斎藤泰弘・萬年甫・古川冬彦共訳 岩波書店、1982年
  • 『レオナルド・ダ・ヴィンチトリヴルツィオ手稿 ミラノトリヴルツィオ図書館蔵』アンナ・マリア・ブリツィオ編校訂 斎藤泰弘・横山正共訳 岩波書店 1984

編集

  1. ^ 『著作権台帳』