メインメニューを開く

下村 寅太郎(しもむら とらたろう、1902年明治35年)8月17日 - 1995年平成7年)1月22日)は、日本哲学者科学史家

略歴編集

京都市生まれ。京都帝国大学哲学科卒。西田幾多郎に師事し、後に「全集」編集委員。1941年昭和16年)東京文理科大学助教授、1945年(昭和20年)教授、学制改革により校名変更し東京教育大学教授、1967年(昭和42年)定年退官。学習院大学教授に就いた。1971年(昭和46年)『ルネッサンスの芸術家』により学士院賞受賞。1975年(昭和50年)日本学士院会員。

『著作集』(全13巻)は11年かけ、みすず書房で刊行された。蔵書は関西学院大学図書館に収められ、2002年(平成14年)に『下村寅太郎蔵書目録』が出された。

著書編集

没後出版
  • 大橋良介編解説「精神史の中の日本近代」 京都哲学撰書4 燈影舎 2000
  • 野家啓一編解説「精神史としての科学史」 京都哲学撰書27 燈影舎 2003
  • 加藤尚武解説「科学史の哲学」 みすず書房〈始まりの本〉 2012
  • 小坂国継編解説「西田幾多郎研究資料集成 第5巻 下村寅太郎集」 クレス出版 2012

著作集編集

  • 下村寅太郎著作集』みすず書房(全13巻)、1988-1999
編集委員 永井博竹田篤司古田光、清水富雄
  1. 「数理哲学・科学史の哲学」、1988
  2. 「近代科学史論」、1992
  3. 「アッシジのフランシス研究」、1990
  4. 「ルネサンス研究 ルネサンスの芸術家」、1989
  5. 「レオナルド研究」、1992
  6. 「ルネサンスとバロックの人間像」、1993
  7. 「ライプニッツ研究」、1989
  8. 「聖堂・画廊・広場 ヨーロッパ遍歴」、1988
  9. 「ブルクハルト研究」、1994
  10. 「美術史・精神史論考」、1995
  11. 「哲学的問題」、1997
  12. 「西田哲学と日本の思想」、1990
  13. 「エッセ・ビオグラフィック」 、1999

編著編集

翻訳編集

記念論集編集

  • 『ヨーロッパ精神史の基本問題 下村寅太郎先生退官記念論文集』

外部リンク編集