清水 純一(しみず じゅんいち、1924年7月[1] - 1988年11月1日)は、イタリア文学者、京都大学名誉教授。専攻はイタリアルネサンス期文化(ルネサンス文学哲学史)、特に異端とされたジョルダーノ・ブルーノを研究し、訳・紹介した。

福井市出身[2]学徒出陣を経て、1949年京都大学文学部哲学科卒、同大学院修了。イタリア・フィレンツェロンドンに留学。広島大学助教授、1968年京都大学文学部イタリア文学科助教授に転任、1973年に教授。のち学部長として学園紛争処理に当たる。多くの後進を育成し日本でのルネサンス研究をより幅広く多様なものにしたが、1988年に定年退官後間もなく病没した。

著書編集

  • 『ジョルダーノ・ブルーノの研究』創文社, 1970、復刊2003
  • 『ルネサンスの偉大と頽廃 ブルーノの生涯と思想』岩波新書, 1972
  • 『ルネサンス 人と思想』近藤恒一編 平凡社, 1994-付.著書・論文目録

翻訳編集

  • エウジェニオ・ガレン『イタリアのヒューマニズム』[3] 創文社, 1960、新版1981
  • ジョルダーノ・ブルーノ『無限、宇宙と諸世界について』現代思潮社, 1967
    • 改訂版『無限、宇宙および諸世界について』岩波文庫, 1982、復刊1995ほか
  • フェデリコ・シャボー『ヨーロッパの意味 西欧世界像の歴史的探究』サイマル出版会, 1968
  • エウジェニオ・ガレン『イタリア・ルネサンスにおける市民生活と科学・魔術』 斎藤泰弘共訳、岩波書店, 1975
  • 世界の名著 続6 ヴィーコ「新しい学」』 米山喜晟と共訳、中央公論社, 1975、新版中公バックス, 1979
  • ダ・ヴィンチ マドリッド手稿』 岩波書店, 1975-※全5巻で4巻目に一部参加
  • レオナルド・ダ・ヴィンチの解剖図』ケネス・キール、カルロ・ペドレッティ編、萬年甫と共訳、岩波書店, 1982
  • デニス・ヘイ「ルネサンス観の変遷」
    • 『ルネサンスと人文主義』 <叢書ヒストリー・オヴ・アイディアズ3>平凡社, 1987 に所収
  • ジョン・チャールズ・ネルソン「ルネサンス・プラトン主義」
    • 『プラトン主義の多面体』<叢書ヒストリー・オヴ・アイディアズ11>平凡社, 1987 に所収
  • カスティリオーネ 宮廷人』岩倉具忠天野恵と共訳、東海大学出版会, 1987、原文を併録

記念論集編集

  • 『イタリア・ルネサンス文化 知の饗宴 清水純一教授退官記念論文集』同刊行会編、紀伊国屋書店(販売), 1988

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年
  2. ^ 『ルネサンスの偉大と頽廃』著者紹介
  3. ^ エウジェニオ・ガレン (1909-2004) は、ルネサンス思想史研究の第一人者、留学時に師事。
    弟子たちによる以下の訳書がある。
    『ヨーロッパの教育 ルネサンスとヒューマニズム』(近藤恒一訳、サイマル出版会, 1974)
    改訂版『ルネサンスの教育 人間と学芸との革新』(知泉書館, 2002)
    小著『ルネサンス文化史 ある史的肖像』(澤井繁男訳、平凡社, 2000、平凡社ライブラリー, 2011)
    編著『ルネサンス人』(近藤恒一ほか訳、岩波書店, 1990)- 題名論考と「哲学者と魔術者」を執筆担当。