尚 哲(しょう てつ、乾隆24年5月6日1759年5月31日)- 乾隆53年8月20日1788年9月19日))は琉球第二尚氏王統14代尚穆王の長男。童名を思徳金といい、世子であり中城王子を称した。父王:尚穆より先に薨じてしまい、王位を継ぐことはなかったが、次男:尚温が15代王になると、王号を追贈された。また、四男:尚灝ものち践祚し、17代王となった。

中山世譜』に学問を好む心の広い人物であったと記されている。

歴代王が眠る墓所、玉陵に葬られた。

系譜編集

父・尚穆王の長男として生まれる(母は淑徳)。妃とのあいだに四男二女をもうけた。長男と三男は早世し、次男・尚温が父王なきあとに践祚し15代王となった。のち16代王の尚成が幼死すると、四男・尚灝が王位を継ぎ、17代国王となった。

経歴(月日は旧暦)編集

  • 1759年乾隆24)5月6日 生まれる。
  • 1768年(乾隆33)9月6日 中城間切総地頭となる(→中城王子)
  • 1771年(乾隆36)3月18日 久米具志川間切を加領される。
  • 1773年(乾隆38)6月5日 朝覲のため那覇港を出港。薩摩藩へ赴く。
    • 6月12日 山川港に到着し、翌日出港。14日に鹿児島城下に到着。
    • 8月19日 鹿児島城に登城し、国書を提出する。
    • 8月21日 島津重豪により磯御庭に招かれる。
    • 9月24日 山下御屋敷での宴。
    • 11月13日 尾畔御屋敷での宴。
  • 1774年(乾隆39)3月19日 公務を竣え、鹿児島を出発。
    • ?月9日 帰国。
    • 12月14日 恩納間切を加領される。
  • 1781年(乾隆46)5月3日 長男:尚法が生まれる。
  • 1784年(乾隆49)2月1日 次男:尚温が生まれる。
  • 1785年(乾隆50)2月5日 三男:尚洽・真蒲戸金王子が生まれる。
  • 1787年(乾隆52)5月29日 四男:尚灝が生まれる。
  • 1788年(乾隆53)8月20日 亡くなる(享年30)。