尚 恭(しょう きょう、1612年3月8日 -1631年3月22日)は、琉球王国第二尚氏王統王族。第8代尚豊王の長男。大和名は浦添王子朝良。

尚恭

概要編集

1612年3月8日(万暦40年2月6日)、父・尚豊、母・我謝上森按司加那志の長男として誕生した。童名は真三良金、号は良春。最初玉城王子と称し、次に浦添王子と称した。第7代尚寧王世子(世継ぎ)がいなかったので、父・尚豊を差し置いて世子に選ばれた。しかし、尚寧王薨去時、尚恭はわずか9歳(数え年)であったため三司官・読谷山親方盛韶(毛氏冨川殿内5世)等が相談の上薩摩に進言して、父・尚豊が王位に就いた。

1631年3月22日(崇禎4年2月20日)、父に先立って20歳(数え年)で死去したため、王位に就くことはなかった。尚豊王のあとは、弟の尚賢が王位に就いた。尚恭長女の浦添翁主高嶺御殿の元祖となった。

家族編集

参考文献編集

  • 鄭秉哲『球陽』 球陽研究会編、角川書店〈沖縄文化史料集成5〉、1974年。
  • 比嘉朝進『士族門中家譜』 球陽出版社、2005年。

関連項目編集