尾張 小倉(おわり の おくら、生年不明 - 天平勝宝元年8月14日749年9月29日))は、奈良時代中期の采女女官宿禰官位従四位下命婦尾張国造

生涯編集

聖武朝天平9年(737年)2月に、従七位下 から従五位下に昇叙[1]。その後、小槻山広虫らとともに従五位上から正五位下になるなど順調に出世し、天平19年(747年)3月、従五位下の時、内命婦従四位下および尾張国造になり[2]、女性として初の国造に任命される。これは女官として中央にいながらにして、恩寵により男子を凌駕して本国国造に任じられたものであり、国造の地位が栄誉的なものに変貌していることを指し示している、という意見がある[3][4]

孝謙朝天平勝宝元年(749年)8月、現役のまま卒去[5]

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『続日本紀』巻第十二、聖武天皇 天平9年2月14日条
  2. ^ 『続日本紀』巻第十七、聖武天皇 天平19年3月3日
  3. ^ 新野直吉『国造と県主』
  4. ^ 岩波書店『続日本紀』補注17 - 八
  5. ^ 『続日本紀』巻第十七、孝謙天皇 天平勝宝元年8月14日条

参考文献編集

関連項目編集

  • 壬生小家主女…同様に、采女の身分から女官になり、国造に出世している。