メインメニューを開く

屋外広告物法(おくがいこうこくぶつほう、昭和24年6月3日法律第189号)は、日本の法律。目的は、良好な景観の形成・風致の維持、公衆に対する危害の防止のため、「屋外広告物の表示」、「屋外広告物を掲出する物件の設置と維持」、「屋外広告業」について、必要な規制の基準を定めることにある(1条)。

屋外広告物法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和24年6月3日法律第189号
効力 現行法
種類 行政法
関連法令 景観法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

構成編集

  • 第1章 総則 (1・2条)
  • 第2章 広告物等の制限 (3 - 6条)
  • 第3章 監督 (7・8条)
  • 第4章 屋外広告業
    • 第1節 屋外広告業の登録等 (9 - 11条)
    • 第2節 登録試験機関 (12 - 25条)
  • 第5章 雑則 (26 - 29条)
  • 第6章 罰則 (30 - 34条)
  • 附則

外部リンク編集