山下 好一(やました こういち、1912年4月17日 - 1997年1月7日)は、和歌山県出身の元プロ野球選手。ポジションは外野手

山下 好一
Yamashita Koichi.JPG
1947年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県
生年月日 1912年4月17日
没年月日 (1997-01-07) 1997年1月7日(84歳没)
身長
体重
175 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1936年
初出場 1936年
最終出場 1943年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

和歌山中時代、1927年春、1928年春夏、1929年春、1930年春夏、1931年春の、計7度甲子園に出場し、1927年春に優勝、1928年春に準優勝した。1928年は5番中堅手、1929年は4番投手、1930年は3番投手、1931年は3番中堅手を務め、チームの主力として活躍した。1928年夏の佐賀中学戦(今大会第3号)と、1930年夏の北海中学戦(今大会第1号)では、それぞれホームランを打っている。なお、1930年夏のホームランは、夏の大会史上3本目の満塁ホームランである。甲子園通算は15試合60打数9安打、1二塁打、2本塁打、打率.150。

なお春の選抜には1927年からは5年連続で出場しているが、これは現在の学制では更新される可能性のない珍しい記録である。

卒業後の1932年(昭和7年)、慶應義塾大学へ進み、主軸打者として活躍。東京六大学リーグ通算42試合出場、156打数44安打、打率.282、0本塁打、23打点。

慶大卒業後は日本製糖に勤務していたが、阪急の村上実球団代表に勧誘され、和歌山中時代にバッテリーを組んだ島本義文とともに、結成されたばかりの阪急に1936年に入団した。阪急では、同じく慶應義塾で活躍した宮武三郎や、同姓の山下実らと共にチームの主力として活躍。

チャンスに強く、1936年春夏・1937年春・1939年はチーム内で最多打点を記録している。また、1936年秋は出塁率.4586で初代最高出塁率に輝く(当時は連盟表彰の対象外)[1]

1940年(昭和15年)4月6日に西宮球場で行われた阪急ー南海戦は、阪急がプロ野球チーム1試合最多得点記録を樹立して32対2で大勝したが、山下はこの試合に4番左翼手として出場、6打数4安打2打点と打ちまくり、黒田健吾と共にチーム最多の5得点を記録している[2]

堅実好打の外野手で、戦前の阪急を語るうえで外すことのできない選手である。1943年に退団。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1936春夏 阪急 13 62 52 8 17 3 1 0 22 15 3 -- 2 -- 8 -- 0 7 -- .327 .417 .423 .840
1936 30 133 108 20 36 4 2 1 47 17 6 -- 0 -- 25 -- 0 14 -- .333 .459 .435 .894
1937 56 258 204 41 57 12 2 1 76 34 7 -- 1 -- 53 -- 0 30 -- .279 .428 .373 .801
1937 48 216 179 28 56 8 5 3 83 19 6 -- 2 -- 33 -- 2 17 -- .313 .425 .464 .889
1938 28 99 89 11 21 2 3 0 29 13 1 -- 1 -- 9 -- 0 6 -- .236 .306 .326 .632
1938 33 123 111 9 24 2 1 1 31 15 7 -- 0 -- 12 -- 0 17 -- .216 .293 .279 .572
1939 91 386 328 44 90 13 2 1 110 45 17 -- 0 1 54 -- 2 39 -- .274 .380 .335 .716
1940 93 351 311 25 61 5 3 0 72 23 12 -- 5 5 30 -- 0 41 -- .196 .267 .232 .498
1941 17 43 40 1 6 2 0 0 8 1 0 -- 0 -- 3 -- 0 3 -- .150 .209 .200 .409
1942 94 381 338 18 73 10 2 0 87 39 8 5 3 -- 40 -- 0 33 -- .216 .299 .257 .556
1943 5 13 13 1 1 0 0 0 1 1 1 0 0 -- 0 -- 0 2 -- .077 .077 .077 .154
通算:8年 508 2065 1773 206 442 61 21 7 566 222 68 5 14 6 267 -- 4 209 -- .249 .349 .319 .668
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル編集

背番号編集

  • 16 (1936年 - 1943年)

参考文献編集

  • 永井正義『勇者たち』 現代企画室 1978年

脚注編集

関連項目編集