メインメニューを開く

黒田 健吾(くろだ けんご、1907年10月28日 - 1979年)は、岡山県出身のプロ野球選手。ポジションは三塁手

黒田 健吾
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県
生年月日 (1907-10-28) 1907年10月28日
没年月日 1979年
身長
体重
167 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1936年
初出場 1936年4月29日
最終出場 1942年11月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

関西中学校出身。同級生には、後に阪急で共にプレーする井野川利春がいた。新国劇では4番打者兼エース投手で、「一刀両断の黒田」と呼ばれた。

1936年名古屋金鯱軍へ入団し、主将をつとめた。同年の秋季リーグからは阪急軍へ移籍。堅実な三塁守備は「黒田のあり地獄」として恐れられ[1]、相手打者が走らないとわざと捕手へ送球して打者を走らせた[2]。阪急軍でも1938年からは主将をつとめた。1938年9月4日東京セネタース戦(後楽園球場)では、戦前の粗悪なボールでは珍しい1試合2本塁打を放っている。1940年4月6日南海戦(西宮球場。32-2で勝ち、プロ野球歴代最多得点記録を樹立した試合)では山下好一と共に、チーム最多の5得点を記録した[3]1942年に退団。

戦後はプロ野球界に戻らず、全神戸の選手として1948年には都市対抗野球に出場(9番・三塁手)した。ノンプロの三輪運輸工業でもプレーをした後、現役引退。高校野球審判員にも携わった。黒田の娘の孫に当たる人物が開設しているブログ[4]によると、1979年(詳細な月日は不明)に死去。数え73歳没。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1936春夏 金鯱 12 59 52 6 13 1 0 0 14 6 4 -- 3 -- 7 -- 0 2 -- .250 .339 .269 .608
1936 阪急 22 101 84 13 11 0 0 0 11 5 3 -- 5 -- 12 -- 0 9 -- .131 .240 .131 .371
1937 49 227 188 29 47 7 0 0 54 24 11 -- 9 -- 28 -- 2 7 -- .250 .353 .287 .640
1937 49 232 201 31 49 7 0 2 62 18 8 -- 9 -- 21 -- 1 18 -- .244 .318 .308 .627
1938 35 163 138 21 32 6 0 4 50 20 4 -- 1 -- 24 -- 0 10 -- .232 .346 .362 .708
1938 40 182 168 29 47 5 3 4 70 19 12 -- 0 -- 14 -- 0 10 -- .280 .335 .417 .752
1939 74 308 262 30 57 11 0 1 71 32 13 -- 4 2 38 -- 2 18 -- .218 .321 .271 .592
1940 102 427 365 40 78 10 1 0 90 29 21 -- 5 5 47 -- 5 31 -- .214 .312 .247 .558
1941 84 369 303 34 60 6 0 3 75 23 15 -- 10 -- 55 -- 1 23 -- .198 .323 .248 .571
1942 105 465 389 25 83 15 0 1 101 42 23 2 3 -- 72 -- 1 32 -- .213 .338 .260 .597
通算:7年 572 2533 2150 258 477 68 4 15 598 218 114 2 49 7 318 -- 12 160 -- .222 .325 .278 .604
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1940 阪急 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 12 3.0 0 0 3 -- 0 1 0 0 0 0 0.00 1.00
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 12 3.0 0 0 3 -- 0 1 0 0 0 0 0.00 1.00

背番号編集

  • 6 (1936年)
  • 24 (1936年 - 1942年)

出典編集

関連項目編集