山下賢哉

日本のプロボクサー

山下 賢哉(やました けんや、1996年7月29日 - )は、日本プロボクサー東京都板橋区出身。初代日本スーパーフライ級ユース王者JB SPORTSボクシングジム所属。かつては白井・具志堅スポーツジム、古口ボクシングジム[3]に所属していた。

山下 賢哉
基本情報
階級 バンタム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1996-07-29) 1996年7月29日(25歳)
出身地 東京都板橋区[1]
スタイル オーソドックス[2]
プロボクシング戦績
総試合数 19
勝ち 14
KO勝ち 11
敗け 5
テンプレートを表示

人物編集

トレードマークはパンチパーマ[4]

ボクシングをはじめたきっかけは腕力に自信があったことから[5]

来歴編集

2013年12月18日に後楽園ホールで吹野一真とスーパーフライ級4回戦を戦い、3回1分49秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[6]

2014年東日本フライ級新人王として、西軍代表小坂駿を相手に5回3-0(49-46x2、49-47)判定勝ちを収めて全日本新人王を獲得した[7][8]。なおこの勝利でJBCの発表した最新ランキングで初めてフライ級日本ランク入りを果たす[9]

2015年2月27日に後楽園ホールで田之岡条とスーパーフライ級4回戦を戦い、8回0-3(74-78×2、73-79)判定負けでプロ初黒星を喫した[10]

その後2017年4月、白井・具志堅スポーツジムに移籍[11]。同年8月22日に後楽園ホールで田之岡条と初代日本スーパーフライ級ユース王座決定トーナメント決勝戦を行い、1回52秒TKO勝ちを収めユース王座獲得に成功した[12]

2019年2月16日、フィリピンケソン市で元世界2階級制覇王者のジョンリル・カシメロ(比)と対戦したが、6回47秒TKO負けを喫した[13]。同年3月、JB SPORTSボクシングジムに移籍[14]

2019年7月23日、元WBCバンタム級王者の山中慎介がアンバサダーを務める「山中慎介presents GOD'S LEFTバンタム級トーナメント」の一回戦として、後楽園ホールで相川学己と対戦し、2回2分10秒KO勝ちを収め、準決勝に進出した[15]

準決勝では、堤聖也と対戦する予定であったが、山下の棄権により中止となった[16]

獲得タイトル編集

戦績編集

  • プロボクシング - 19戦14勝5敗0分(11KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考・会場
1 2013年12月18日 勝利 3R 1:49 TKO 吹野一真(東拳   日本 プロデビュー戦
2 2014年3月31日 勝利 1R 2:28 TKO 矢野乃莉守(花形   日本 2014年東日本フライ級新人王予選
3 2014年5月23日 勝利 4R 判定2-1 角本達治(ワタナベ   日本 2014年東日本フライ級新人王予選
4 2014年7月24日 勝利 4R 3:05 KO 下沖克徳(角海老宝石   日本 2014年東日本フライ級新人王予選
5 2014年9月25日 勝利 2R 2:29 TKO 横山拓成(フラッシュ赤羽)   日本 2014年東日本フライ級新人王予選
6 2014年11月2日 勝利 5R 判定2-1 仁平宗忍(ワタナベ)   日本 2014年東日本フライ級新人王決勝
7 2014年12月21日 勝利 5R 判定3-0 小坂駿(真正   日本 2014年全日本フライ級新人王決勝戦
8 2015年2月27日 敗北 8R 判定0-3 田之岡条(小熊)   日本
9 2015年10月3日 勝利 6R 2:17 TKO 鈴木武蔵(帝拳   日本
10 2016年2月17日 敗北 3R 0:40 KO 長嶺克則(マナベ   日本
11 2016年6月6日 勝利 1R 2:59 KO ガムライヨック・オーワンダヴィー   タイ
12 2016年11月29日 敗北 7R 2:56 TKO 星野晃規(M.T   日本
13 2017年5月16日 勝利 4R 1:56 TKO 岩井尚斗(森岡   日本 初代日本スーパーフライ級ユース王座決定トーナメント準決勝
14 2017年8月22日 勝利 1R 0:52 TKO 田之岡条(小熊)   日本 初代日本スーパーフライ級ユース王座決定トーナメント決勝戦
15 2017年11月20日 勝利 1R 2:12 KO エラニーノ・セミジャーノ   フィリピン
16 2018年2月26日 敗北 7R 0:39 TKO 木村隼人(ワタナベ)   日本
17 2018年9月29日 勝利 3R 0:58 KO ジョン・マーク・アポリナリオ   フィリピン
18 2019年2月17日 敗北 6R 0:47 TKO ジョンリル・カシメロ   フィリピン
19 2019年7月23日 勝利 2R 2:10 KO 相川学己(三迫   日本 GOD'S LEFTバンタム級トーナメント1回戦
テンプレート

脚注編集

  1. ^ DANGAN182 Dangan
  2. ^ BoxRecレーティング 【国内/男子】バンタム級 (53.52 kg以下) BOXINGアンテナ
  3. ^ 星野 晃規(M.T)vs山下 賢哉(古口) 武士道ボクシングV 2017年1月14日
  4. ^ ボクシング 初メーンの山下賢哉は計量一発クリア「力ずくで倒します」 デイリースポーツ 2017年11月19日
  5. ^ 山下賢哉(20=白井・具志堅) ボクシングモバイル
  6. ^ 2013年12月試合結果 日本ボクシングコミッション
  7. ^ 全日本新人王決定戦、MVPは別府優樹 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月21日
  8. ^ 山下 賢哉(古口)vs小坂 駿(真正) 武士道ボクシングV
  9. ^ 2014年12月度ランキング 日本ボクシングコミッション
  10. ^ 和氣慎吾、初回ワンパンチKOで5度目の防衛成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月27日
  11. ^ 山下賢哉が具志堅ジム移籍、土屋修平が6.30再起戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月29日
  12. ^ “パンチ”山下賢哉がワンパンチKO勝ち、日本ユース Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月22日
  13. ^ 山下賢哉は6回TKO負け、元世界王者撃破ならず Boxing News(ボクシングニュース)2019年2月17日
  14. ^ 白井・具志堅のランカー、長濱陸と山下賢哉が移籍 Boxing News(ボクシングニュース)2019年3月24日
  15. ^ 山中慎介バンタム級トーナメント白熱 準決勝は中嶋一輝vs南出仁、山下賢哉vs堤聖也 Boxing News(ボクシングニュース)2019年7月23日
  16. ^ 井上尚弥の同級生 中嶋一輝が初回TKO勝ち 山中慎介バンタム級トーナメント決勝進出 Boxing News(ボクシングニュース)2019年11月9日

関連項目編集

外部リンク編集