メインメニューを開く

山口 仁子梨(やまぐち にこり、2002年9月17日 - )は、日本将棋連盟(関西本部)所属の女流棋士[1]女流棋士番号は68[1]岐阜県岐阜市出身[1]中田章道七段門下[1]鶯谷高等学校(2年[2])在学中(2019年9月現在)[1][2]

 山口仁子梨 女流2級
名前 山口仁子梨
生年月日 (2002-09-17) 2002年9月17日(17歳)
プロ入り年月日 2019年10月1日(17歳)
棋士番号 68
出身地 岐阜県岐阜市
師匠 中田章道七段
段位 女流2級
戦績
2019年10月1日現在
テンプレートを表示

棋歴編集

女流棋士になるまで編集

中学1年の時、祖父に教わって将棋を始めた[2]。中学1年の5月に女子中学生の将棋大会の岐阜県大会で優勝し、全国大会に出場したことをきっかけに将棋に熱中し、地元の将棋教室や名古屋市内の将棋道場で研鑽を重ねた[2]。2016年2月、東海研修会に入会[1]

2019年[2]、第55回全国高等学校将棋選手権大会の女子団体戦で優勝[1]。山口は鶯谷高等学校チームの中心選手であり、同大会女子団体戦での岐阜県勢の優勝は初の事例であった[2]

同年9月8日[2]、東海研修会B2に昇級し[1]、女流棋士2級となる権利を得た[1][2]。将棋を始めて僅か4年での快挙であった[2]。女流棋士資格申請を行い、同年10月1日付で連盟関西本部所属の女流棋士2級となり、女流棋士番号68を付与された[1]

岐阜県出身の女流棋士は、山口が初の事例となる[2]

女流棋士になってから編集

棋風編集

居飛車党[1]

人物編集

  • 趣味は音楽鑑賞[1]

昇段・昇級履歴編集

  • 2016年2月 東海研修会入会
  • 2019年9月8日[2] 女流棋士2級となる権利を取得[1][2](研修会B2[1]
  • 2019年10月1日 女流2級

外部リンク編集

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 山口仁子梨さんが10月から女流棋士2級に” (日本語). 日本将棋連盟 (2019年10月1日). 2019年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 頂へはじめの一歩 岐阜の高2、女流棋士に” (日本語). 中日新聞 (2019年9月17日). 2019年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月1日閲覧。

関連項目編集