メインメニューを開く

山口 剛(やまぐち たけし、1884年明治17年)3月1日 - 1932年昭和7年)10月8日)は、国文学者・中国文学者・早稲田大学教授。号は、聾阿弥・不言斉主人など。

生涯編集

『山口常太郎』と『なか』の長子として、茨城県新治郡土浦町(現、土浦市)に生まれた。常太郎は、土浦小学校の校長を務め、退職後代言人となり、かたわら、俳句・新体詩を指導する人だった。

1893年(明治26年)(9歳)、土浦小学校を了え、1897年、県立土浦中学校に進んで、1902年に卒業した。その頃から文学を好んだ。翌月東京専門学校師範部(現、早稲田大学教育学部)に入学し、国漢科に転じ、1905年卒業した。成績は終始よかった。

1907年(明治40年)(23歳)、群馬県立中学校安中分校教諭となり、のち、分校長を務め、1911年坪内逍遙に招かれて早稲田中学校教諭に転じた。会津八一と親しく交わった。既に江戸文学に詳しかったと言う。

1912年、早稲田大学高等師範部講師を兼ね、1915年から1919年まで女子英語塾の講師も務め、江戸文学・現代文学を講じた。その頃から難聴に悩み、『聾阿弥』の号はそこに発した。1918年早稲田中学を辞し、1920年、新発足の早稲田高等学院の教授になった。

関東大震災直前の1923年7月(39歳)、(渡辺)可寿と結婚し、のち一女二男を得た。論文や中国文学を盛んに発表した。1925年、早稲田大学高等師範部、1926年、早稲田大学文学部教授となり、江戸文学と中国文学を講じた。

1927年から1929年まで、日本名著全集刊行会が刊行した『日本名著全集 30巻』のうちの13巻を編集し、計約1300ページの解説を書いた。

1932年(昭和7年)(48歳)、(胆石症を病み、心臓麻痺のために没した。『大空院剛誉包摂居士』。土浦の浄真寺(現・土浦市立田町三丁目)の、山口家代々の墓に葬られた。

おもな文業編集

列記の行末の、たとえば 選1 は、中央公論社の選集の第1巻に載っている、と言うこと。

  • 好色一代男の成立』、早稲田文学(1922) 選1
  • 『江戸文学と都市生活』、早稲田文学(1923) 選4
  • 孔尚任:『桃花扇伝奇 (戯曲)』(訳書)、近代劇大系編集会 近代劇大系16(1924)→ 春陽堂(1926) 選5
  • 近松の庚申塚に就て』、歌舞伎(1926)
  • 『支那小説史の輪郭』、近代社 世界短編小説大系 支那篇(1926) 選6
  • 伝斑固:『漢武内伝 (小説)』(訳書)、近代社 世界短編小説大系 支那篇(1926) 選5
  • 黄表紙の本質』、国語と国文学、(1927) 選3
  • 『黄表紙から合巻へ』、早稲田文学(1927) 選3
  • 洒落本の本質』、国語と国文学(1927) 選3
  • 『日本文学講座 1 - 7』、アルス文化大講座(1927 - 1928)
  • 西鶴好色本研究』、新潮社 日本文学講座(1927 - 1928) 選1
  • 『怪奇小説研究』、新潮社 日本文学講座(1928)
  • 『好色二代男考 1、2』、早稲田大学文学部会編 文学思想研究(1928、1929) 選1
  • 山東京伝と黄表紙』、中興館 日本文学聯講(1930) 選3
  • 国姓爺合戦の紅流しに就いて』、総合世界文学研究(1930) 選1
  • 『断碑断章』(随筆)、武蔵野書院(1930) 選6
  • 為永春水研究』、新潮社 日本文学講座(1930) 選4
  • 種彦研究』、新潮社 日本文学講座(1931) 選4
  • 『支那思想 大学、中庸、論語、孟子、荀子(抄)、老子、荘子、墨子(抄)、韓非子(抄)、近思録(抄)、伝習録(抄)』(訳書)、春秋社 世界大思想全集 53(1931)
  • 『西鶴・成美・一茶』、武蔵野書院(1931)
  • 『訳西廂記』、槻の木(1931 - 1932)一部選5
  • 上田秋成 : 雨月物語(校訂)、改造文庫(1931)
  • 『春秋左氏伝国字解 1、2』(訳書)、早稲田大学出版部 漢籍国字解全書33、34(1932)
  • 『紙魚文学』(随筆)、三省堂大阪支店(1932)
没後
  • 『江戸文学研究』、東京堂(1933)
  • 『日本文学史概説』、刀江書院(1933)
  • 片岡良一と共著:『西鶴研究』新潮文庫(1936)
  • 『近世小説 上中下』、創元社 創元選書(1941)(日本名著全集に書いた解説)

選集編集

  • 『山口剛著作集 全6冊』、中央公論社(1972)

出典編集

  • 昭和女子大学近代文学研究室編:『近代文学研究叢書34』、昭和女子大学近代文化研究所(1971)