山口王(やまぐちのおおきみ/やまぐちおう、生没年不詳)は、奈良時代皇族。一時臣籍降下三長 山口(みなが の やまぐち)と称した。中務卿三原王の子。官位従五位上大監物

経歴編集

天平宝字8年(764年藤原仲麻呂の乱の結果、他の舎人親王の孫らとともに三長真人姓を与えられて臣籍降下させられた上で、丹後国への流罪となる。光仁朝の宝亀2年(771年)罪を赦されて、皇族へ復帰する[1]

桓武朝に入り、天応元年(781年)無位から従五位下直叙される。延暦3年(784年)従五位上・鍛冶正に叙任され、延暦7年(788年大監物に転じた。

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

斉衡3年(856年)に清原真人姓を与えられて臣籍降下した益善王を、山口王の子孫とする系図がある[2]

脚注編集

  1. ^ 『続日本紀』宝亀2年7月11日条
  2. ^ 鈴木真年『百家系図稿』巻9,清原真人

参考文献編集