メインメニューを開く

山口県立光高等学校(やまぐちけんりつ ひかりこうとうがっこう)は、山口県光市に所在する公立高等学校

山口県立光高等学校
Hikari HS.JPG
過去の名称 高女系
山口県立室積高等女学校
山口県立光女子高等学校
旧制中学系
(旧制)山口県立光中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 山口県の旗 山口県
学区 全県一学区
校訓 至誠一貫、質実剛健、堅忍不抜
設立年月日 1936年3月27日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 35115G
所在地 743-0011
山口県光市光井6-10-1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

設置学科編集

全日制

定時制

  • 普通科

沿革編集

旧制室積高等女学校

  • 1936年3月 - 光市室積に山口県立室積高等女学校設立
  • 1948年4月 - 学制改革により山口県立光女子高等学校となる

旧制光中学校

  • 1942年2月 - 光市浅江(現在の光市立浅江小学校敷地)に山口県立光中学校設立
  • 1948年4月 - 学制改革により山口県立光高等学校となる

統合後

著名な卒業生編集

進路編集

部活動編集

  • 1993年度、1994年度に硬式野球部が夏の甲子園に2年連続で出場した。1993年度は、1回戦で群馬県代表桐生第一高等学校に2-4で敗れた。1994年度は、1回戦で山梨県代表市川高等学校に2-4で敗れた。この当時の監督は、南陽工業高校で甲子園出場経験があり、津田恒美(元広島東洋カープ投手)の育ての親でもある坂本昌穂(現・周南市教育長)であった。
  • 1994年度の第76回全国高等学校野球選手権大会の開会式では、光高校野球部主将(杉村衡作)が選手宣誓を務めた。
  • 伝統的に、ヨット部、柔道部、陸上競技部、女子バスケットボール部が強かった。
  • 柔道部は県下でも萩高等学校高水高等学校と並ぶ強豪校であった。毎年、3月に行われる全国高等学校柔道選手権大会には、1981年、1982年、1987年、1988年に出場した。1987年度には、高校総体沖縄国体にも出場した。
  • 女子バスケットボール部は三田尻女子高等学校(現・誠英高等学校)、長府高等学校高水高等学校と並ぶ強豪校であった。高校総体は、1985年度、1986年度、1991年度、1993年度に出場した。1986年度には、全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会かいじ国体(山梨国体)にも出場した。
  • ヨット部は、同じく光市にある聖光高等学校と共に、毎年のように高校総体や国体へ出場し、これら全国規模の大会でも好成績を納め、OB・OGにはオリンピック選手も輩出している。1986年度の高校総体では、スナイプ級男子、女子チームがアベック優勝した。1987年度の全国高校選抜ヨット選手権大会では、スナイプ級、F・J級の両方で、沖縄国体では、少年男子F・J級が優勝した。1988年度の高校総体では、女子スナイプ級、女子F・J級が優勝、京都国体では、少年男子スナイプ級が優勝した。1993年度、1994年度の全国高校選抜ヨット選手権大会では、男子F・J級が優勝した。
  • 陸上競技部は長距離に強く、OBには、アテネオリンピックマラソン代表の国近友昭らがいる。近年でも2008年度には、陸上競技部女子が山口県大会で総合優勝した。
  • ソフトテニス(軟式庭球)部は1988年度、1990年度、1995年度~2001年度等に全国高校総体に出場し、1995年度~2001年度頃は毎年のように国体県代表選手を選出し、2000年度には全日本ハイスクールジャパンカップに出場した。近年は2006年度に全国高校総体に出場した。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ [1][光高校卒業生進路状況]

外部リンク編集