山口県道283号青海島線

日本の山口県の道路

山口県道283号青海島線(やまぐちけんどう283ごう おうみじません)は長門市仙崎と長門市通を結ぶ一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
山口県道283号標識
山口県道283号青海島線
起点 長門市仙崎
終点 長門市通
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

名前の通り、青海島の島内を縦走する路線である。本土側からおおむね青海島の南東岸に沿うように路線が設定されており、青海島の東端に当たる通(かよい)の集落が終点となる。

1965年昭和40年)に青海島と本土を結ぶ青海大橋(全長260m)が完成し、本土と陸続きになった。

路線データ編集

路線状況編集

  • 途中の静ヶ浦で車を駐車場(有料)に置いて北岸部の観光をすることもできる(北岸部には島の西半分に林道があるのみ)。
  • 急勾配や急カーブはあるが、道路状況はほぼ良好。

地理編集

通過する自治体編集

  • 長門市

接続道路編集

  • 山口県道56号仙崎港線(長門市仙崎)

沿線編集

  • 仙崎港
  • 青海大橋
  • 青海島高山オートキャンプ場
  • 青海島キャンプ場
  • 夏みかん原樹
  • 海上レストラン紫津浦 - ブリ養殖場の一角に浮島構造で作られたレストラン。仙崎漁業協同組合(現・山口県漁業協同組合仙崎支店)が運営していたが、養殖場の閉鎖後、閉館している。
  • 青海島海水浴場
  • 向岸寺 - 鯨の解体をした時に取り出された鯨の胎児を葬った墓(鯨墓)がある。
  • くじら資料館

関連項目編集