山岡 正業(やまおか まさなり[1]、生没年不詳)は、江戸時代後期の旗本仮名は市郎右衛門[2]

生涯編集

山岡正恒(市太郎、藤十郎)の子[2]三河を本国とする山岡氏は藤原氏の支流を称し、家祖の正利(市平)徳川綱吉延宝8年(1680年)に将軍家に入った時に御家人の列に加えられた[3]。百俵二人扶持で、小十人を務めた[2]。高橋包承(儀左衛門)の娘の文子を妻とした。早くに死去し、家督は長男の正視(紀一郎)が継いだ。正業の次男の謙三郎は高橋家に養子に出ていたため、安政2年(1855年)に正視が死去するとその弟の信吉が家督を継承し[2][4]、信吉の後は正視の門人であった小野高歩(鉄太郎)が正業の娘の英子(ふさこ、信吉の妹)と結婚して山岡家の婿養子となった(山岡鉄舟[2]

出典編集

  1. ^ 幕末維新事典 2010, p. 86
  2. ^ a b c d e 旗本百科 1998, pp. 2908-2909
  3. ^ 寛政譜 1966, pp. 119-120
  4. ^ 幕臣事典 1990, p. 206

参考資料編集

  • 『新訂寛政重修諸家譜』22、続群書類従完成会八木書店、1966年。ISBN 978-4797102260ASIN B00N7RHE2A
  • 『江戸幕臣人名事典』4、熊井保・大賀妙子編、小西四郎監修、新人物往来社、1990年11月。ISBN 978-4404016287
  • 小川恭一編著『寛政譜以降旗本家百科事典』5、東洋書林、1998年5月。ISBN 978-4797102260
  • 『全国版幕末維新人物事典』歴史群像編集部、学研パブリッシング、2010年3月3日。ISBN 978-4054044630