山川宏 (宇宙工学者)

日本の宇宙工学者

山川 宏(やまかわ ひろし、1965年[1] - )は、日本の宇宙工学者宇宙航空研究開発機構理事長[2]

略歴編集

1993年東京大学大学院工学系研究科に博士論文『On earth-moon transfer trajectory with gravitational capture(重力キャプチャーを用いた地球-月遷移軌道について)』を提出して、博士(工学)を取得した[1][3]

1993年から宇宙科学研究所(現:宇宙航空研究開発機構)に在籍[3]。 小惑星探査機はやぶさなどの科学衛星や探査機の開発・運用に参加し、水星探査みおでは初期のプロジェクトマネージャーを務めた。

2006年京都大学生存圏研究所教授[4]。2010年から内閣官房宇宙開発戦略本部事務局長を兼任。2012年から内閣府宇宙政策委員会委員を兼任。

2018年、産業界の経営者が歴任してきた宇宙航空研究開発機構理事長に、研究者出身では初めて就任した[2][5]

脚注編集

  1. ^ a b On earth-moon transfer trajectory with gravitational capture”. 国立国会図書館. 2019年12月11日閲覧。
  2. ^ a b JAXA理事長に山川氏起用” (日本語). 日本経済新聞 (2018年3月27日). 2019年12月11日閲覧。
  3. ^ a b 山川 宏 - 研究者 - researchmap”. researchmap.jp. 2019年12月11日閲覧。
  4. ^ 山川 宏”. KAKEN. 2019年12月11日閲覧。
  5. ^ 松浦晋也. “JAXA初、研究者出身のトップが理事長就任” (日本語). 日経ビジネス電子版. 2019年12月11日閲覧。

外部リンク編集

  • 山川宏 - KAKEN 科学研究費助成事業データベース
  • 山川宏 - Researchmap
  • 山川宏 - J-GLOBAL
  • 研究者リゾルバーID:1000050260013論文一覧(CiNii)
  • 日本の研究.com:194331