山形 敞一(やまがた しょういち、1913年2月27日[1] - 1998年9月14日)は、日本の内科医。専門は、消化器病学(特に膵臓疾患)。東北大学名誉教授。1986年勲二等瑞宝章受章。

経歴編集

宮城県石巻市生まれ。石巻中学校(旧制)第二高等学校(旧制)東北帝国大学医学部卒業。1936年、内科学第三講座(教授山川章太郎、助教授黒川利雄)に入局。1957年に黒川利雄の後任として東北大学医学部第三内科講座教授、尚仁会第二代会長に就任。

宮城県対がん協会会長、日本癌治療学会総会会長、日本内科学会総会会頭、日本医史学会会長などを歴任。日本対がん協会賞、石巻市民功労賞などを受賞。アララギ派歌人としても著名で、多くの歌集があるほか、医学史特に仙台藩の医学史を研究した。1998年(平成10年)胃癌のため逝去、享年85[1]。その年、日和山の情景を詠んだ顕彰歌碑が、生家を見下ろす石巻市日和山公園に建立された。

参考資料編集

  • 尚仁会誌(東北大学医学部第三内科同窓会誌)、山形教授退官記念特集号(昭和52年)
  • 艮陵同窓会百二十年史、東北大学医学部艮陵同窓会 (平成10年)
  • 尚志(第二高等学校同窓会誌)、65号(平成11年)

著書編集

  • 遠国―歌集、群山叢書、(昭和31年)
  • みちのく文化私考、万葉堂出版 (昭和58年)
  • 日本人は120歳まで生きられる―ことわざの医学,現代養生訓、講談社 (昭和60年)

脚注編集

  1. ^ a b 『現代物故者事典 1997~1999』(日外アソシエーツ、2000年)p.618

外部リンク編集