山本 安正(やまもと やすまさ、1940年(昭和15年)11月13日 - )は、日本海上自衛官、第23代海上幕僚長防衛大学校第7期卒業。

山本やまもと 安正やすまさ
[[ファイル:|200px]]
生誕 (1940-11-13) 1940年11月13日(80歳)
日本の旗 日本 東京府
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1963年 - 1999年
最終階級 JMSDF Admiral insignia (a).svg 海上幕僚長たる海将
テンプレートを表示

略歴編集

東京府出身。両国高校を経て防衛大学校(第7期)を卒業し、海上自衛隊に入隊。護衛艦とかち」艦長、第4護衛隊群司令、海上幕僚監部人事教育部長、統合幕僚会議事務局長横須賀地方総監等の要職を歴任し、第23代海上幕僚長に就任。在任中の1998年(平成10年)には「北朝鮮によるミサイル発射実験」、翌1999年(平成11年)には「能登半島沖不審船事件」が発生。不審船事案では海上自衛隊創設以来初となる海上警備行動が発令され事態に対処した。

年譜編集

栄典編集

  •   レジオン・オブ・メリット・コマンダー - 1998年(平成10年)3月24日[2]
  •   瑞宝重光章 - 2014年(平成26年)11月3日

脚注編集

  1. ^ 『官報』 号外第243号(平成26年11月4日)
  2. ^ 海上自衛新聞・1998年(平成10年)4月3日・第1面

出典編集

  • 防衛年鑑1998(防衛年鑑刊行会)
  • 世界の艦船』第596号(2002年5月増刊号) 海上自衛隊の50年(海人社)
先代:
夏川和也
海上幕僚長
第23代:1997年 - 1999年
次代:
藤田幸生
先代:
佐藤雅
横須賀地方総監
第31代:1996年 - 1997年
次代:
古澤忠彦