メインメニューを開く

山本 恭子(やまもと きょうこ、1906年ごろ - 1996年11月6日[1])は、日本の映画評論家、翻訳家、編集者。本名、山本田鶴[1]山本田鶴子の名義も用いた。

京都府船井郡和知町出身[1]宮城県第一高等女学校卒業[2]。女性映画評論家の草分けである[1]

洋画の字幕スーパーや原作本の翻訳に従事した[3]ユナイテッド・アーティスツ日本支社、雑誌『キネマ旬報』編集部[3]、のち『映画之友』などの編集者として活躍した[1]。雑誌『映画ファン』の編集長も務めた[4]

90歳で死去した[5]

著書編集

  • 映画の黄金時代 銀幕のスターたちは語る (キネマ旬報(編集) 2016年)

翻訳編集

  • 薔薇はなぜ紅い (上下巻 スターク・ヤング著 三笠書房 1940年)
  • 埋れた青春 (ダフネ・デュ・モオリア著 三笠書房 1940年) 山本田鶴子名義
  • 埋れた青春 (ダフネ・デュ・モオリア著 三笠書房 1950年)
  • ジャマイカ・イン:埋れた青春 (デュ・モオリア著 三笠書房 1952年)
  • 少女ペンのクリスマス・イブ (キャステルハン著 秋元書房 1956年)
  • 乙女の祈り (ジョーン・フレミング著 東京創元社(Crime Clab 第14) 1958年)
  • 制服の処女 (秋元書房 1958年)
  • 土曜日のデイト (ヘッドレイ著 秋元書房 1958年)
  • ディアーヌの初恋 (ヘッドレイ著 秋元書房 1958年)
  • わたしのお医者さま (リチャード・ゴードン著 三笠書房 1959年)
  • はつ恋ノート (デュ・ジャーディン著 秋元書房 1959年)
  • 盲目の悪漢 (イヴリン・バークマン著 東京創元社(Crime Club 第29) 1959年)
  • 美しき十四才 (マスグレイヴ著 秋元書房 1960年)
  • 失踪当時の服装は (ヒラリー・ウォー著 東京創元社(創元推理文庫) 1960年)
  • ジュニア舞踏会 (サマーズ著 秋元書房 1961年)
  • 彼はドライブ狂 (フェルセン著 秋元書房 1962年)
  • 水平線の男 (ヘレン・ユースティス著 東京創元社(創元推理文庫) 1963年)
  • あの時知っていたら (デビイ・レイノルズ著 秋元書房 1964年)
  • ハーレム街の少女ギャング (キティ・ハンソン 著 恒文社(F6・Books) 1965年)
  • マリアンの友だち (N.ジョンソン著 秋元書房 1966年)
  • 愛すれど心さびしく (マッカラーズ著 秋元書房 1969年)
  • 裸足のイサドラ (シュウェル・ストークス著 角川書店(角川文庫) 1970年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 日外アソシエーツ現代人物情報
  2. ^ 『失踪当時の服装は』(創元推理文庫)巻末・翻訳者紹介
  3. ^ a b 渡部保子『「映画ファン」スタアの時代』P.222
  4. ^ 渡部保子『「映画ファン」スタアの時代』
  5. ^ 「山本恭子さん死去」1996年11月8日 『朝日新聞』朝刊