メインメニューを開く

山本 正二(やまもと せいじ)は、日本の医学者放射線科医博士(医学)千葉大学医学部附属病院放射線科講師。2009年より千葉大学医学部附属病院Aiセンター・副センター長(兼任)。日本医師会Ai活用に関する検討委員会委員。専門は頭頸部領域の画像診断[1]

死亡時画像診断( Ai:オートプシー・イメージング)をインターネット経由で専門医が行う一般財団法人Ai情報センターを日本放射線科専門医会の専門医らと設立、理事に就任[2]

経歴編集

著書編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 山本正二「院内全死亡症例にAiを施行し,死因を究明する:千葉大学医学部附属病院Aiセンターの取り組み」『千葉大学医学部附属病院Aiセンターの取り組み』第2842号、医学書院、2009年8月、2009年12月20日閲覧。
  2. ^ ネット経由で専門医が遺体“診断”制度がスタート 死因究明改善に光明”. 産経新聞 (2009-12-09 15:39配信). 2009年12月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集