メインメニューを開く

山本 純也(やまもと じゅんや、1963年9月15日 - )は、読売テレビの元男性アナウンサー

目次

来歴・人物編集

東京都清瀬市出身。早稲田大学を卒業後、1988年読売テレビに入社。以来、スポーツ実況やプロレス実況を中心に担当した。

編成局アナウンス部から営業局、その後総務局人事部へ転属。

過去の担当番組編集

プロレス実況編集

  • 主に関西地方におけるテレビ中継試合を中心に実況していたが、中京テレビ佐藤啓と同様に、関東地方や札幌など他地区の試合を担当したこともある。
  • 実況を担当した試合の中で特に有名なのが、1997年1月20日大阪府立体育会館で開催された、三沢光晴小橋健太(現・小橋建太)三冠ヘビー級選手権試合である。この試合は40分を超える壮絶な死闘となり、試合自体のインパクトと相まって視聴者に強い印象を残した。現在でもこの時の実況は語り種となっている。
    • ただし、この試合では三沢が繰り出したタイガー・スープレックス'85を「タイガー・スープレックス'84」と間違えて実況している。

関連項目編集

  • 東京都出身の人物一覧
  • 坂泰知(同期入社で現在は読売テレビ報道局プロデューサー)
  • 福澤朗(元日テレアナウンサー、誕生日が1日違い。なお福澤と山本は早稲田大学で同期で、同じ年にアナウンサーとして就職した)