メインメニューを開く

山本 英史(やまもと えいし、1950年 - )は、日本の中国史学者、慶應義塾大学教授中国明清史、近代農村社会史を専門。博士(文学)2007年東京大学にて取得)。

山本 英史
人物情報
生誕 1950年
日本の旗 日本 滋賀県
国籍 日本の旗 日本
出身校 慶應義塾大学文学部卒業
東京大学大学院人文科学研究所修士課程修了
同大学博士課程単位取得満期退学
学問
研究分野 中国史
研究機関 山口大学
慶應義塾大学
学位 博士(文学)
主要な作品 『清代中国の地域支配』(慶應義塾大学出版会、2003年)他
テンプレートを表示

目次

来歴編集

滋賀県生まれ。1973年慶應義塾大学文学部卒、1976年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。1979年同大学博士課程単位取得満期退学。2007年「清代中国の地域支配」で東京大学にて博士(文学)。山口大学人文学部専任講師、同大学助教授を経て、慶應義塾大学文学部助教授に就任し、1996年同大学教授となる。

著書編集

共編著編集

  • 『伝統中国の地域像』編著 慶應義塾大学出版会、2000 慶應義塾大学地域研究センター叢書
  • 『近世の海域世界と地方統治』編 汲古書院、2010 東アジア海域叢書
  • 『伝統中国判牘資料目録』三木聰高橋芳郎共編 汲古書院、2010
  • 『近代中国の地域像』編 山川出版社、2011 慶應義塾大学東アジア研究所叢書

翻訳編集

  • J.スペンス『ある農婦の死 十七世紀、中国の現実と夢幻世界』平凡社、1990
  • 黄仁宇『中国マクロヒストリー』東方書店、1994

参考編集

脚注編集