メインメニューを開く

山村 幹弘(やまむら みきひろ、1936年5月23日 - )は、熊本県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

山村 幹弘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県
生年月日 (1936-05-23) 1936年5月23日(83歳)
身長
体重
167 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1958年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

熊本工業高校では、三塁手として1954年春の甲子園に出場。エース添島時人(巨人)を擁し準決勝まで勝ち進むが、この大会に優勝した飯田長姫光沢毅投手に0-6で完封された[1]。同年夏も夏の甲子園予選西九州大会決勝に進むが、長崎商に敗れる[2]。添島の他、チームメートの西園寺昭夫、田中春雄(阪神)、酒井啓吾(大洋)がプロ入りしている。

1955年大洋ホエールズへ入団。新人ながら同年には二塁手、三塁手として起用され、60試合に先発出場を果たす。翌年も三塁手として活躍するが打撃面で低迷、段々と出場機会が減り、1958年限りで引退した。その後は社会人野球電電九州に入る。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1955 大洋 93 251 242 14 52 8 0 0 60 7 2 1 1 0 8 0 0 28 8 .215 .240 .248 .488
1956 100 199 191 9 30 6 0 0 36 1 1 1 7 0 1 0 0 14 3 .157 .161 .188 .350
1957 67 96 91 7 17 2 0 1 22 5 1 1 2 1 2 0 0 12 3 .187 .204 .242 .446
1958 29 42 41 3 4 1 0 0 5 1 1 0 0 1 0 0 0 5 2 .098 .098 .122 .220
通算:4年 289 588 565 33 103 17 0 1 123 14 5 3 10 2 11 0 0 59 16 .182 .198 .218 .416

背番号編集

  • 33 (1955年 - 1958年)

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集