山梨県東部地震

1983年に山梨県と神奈川県の県境付近で発生した直下型地震

山梨県東部地震(やまなしけんとうぶじしん)とは、1983年8月8日12時47分58秒頃、山梨県神奈川県県境付近で発生したマグニチュード 6.0の直下型地震である。この地域では、度々M5.5前後の地震が発生している。

山梨県東部地震
山梨県東部地震の位置(山梨県内)
山梨県東部地震
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 1983年昭和58年)8月8日
発生時刻 12時47分58秒(JST
震央 日本の旗 日本 山梨県東部
北緯35度31分3秒 東経139度1分3秒 / 北緯35.51750度 東経139.01750度 / 35.51750; 139.01750
震源の深さ 0 km
規模    マグニチュード(M)6.0
最大震度    震度4:山梨県甲府市など
地震の種類 スラブ内地震
横ずれ断層
余震
最大余震 1984年6月26日10時32分、M4.6、最大震度3
被害
死傷者数 死者 1人 負傷者 23人
被害地域 山梨県
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

各地の震度編集

震度 都道府県 観測所
4 山梨県 甲府
静岡県 三島
東京都 東京
神奈川県 横浜

また、震度1~3を西は大阪府、北は岩手県までの広い範囲で観測している。

被害編集

  • 死者: 1名
  • 負傷者: 29名
  • 家屋半壊: 1戸
  • 一部損壊: 278戸

被害は、山梨県東部の19市町村に及び、特に大月市に被害が集中した。また、神奈川県丹沢山中でこの地震により発生した落石に直撃された1名が死亡した。

地殻変動編集

地震震央の北西31km にあった国立防災科学技術センター(防災科学技術研究所の前身)の塩山観測点(ENZ)に設置されたボアホール型傾斜計は、この地震発生の18日前から10日間にわたって大きな傾斜変化が観測されていた[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 国立天文台編 編「日本付近のおもな被害地震年代表」 『理科年表 平成20年』丸善、2007年、704-735頁。ISBN 978-4-621-07902-7http://www.rikanenpyo.jp/ 
  • 1983年8月8日山梨・神奈川県境付近の地震(気象庁) (PDF) 地震予知連絡会会報 第31巻

関連項目編集

外部リンク編集