山田 仁史(やまだ ひとし、1972年12月 - 2021年1月 )は、日本の文化人類学・宗教民族学者、東北大学准教授。

略歴編集

宮城県仙台市生まれ。1995年東北大学文学部史学科卒、2003年京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程満期退学、ミュンヘン大学哲学博士。東北大学文学研究科助教授をへて、2007年准教授[1]

著書編集

  • 『首狩の宗教民族学』筑摩書房 2015
  • 『いかもの喰い 犬・土・人の食と信仰』亜紀書房 2017
  • 『新・神話学入門』朝倉書店 2017

共編編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『新・神話学入門』著者紹介

外部リンク編集