メインメニューを開く
山田博愛

山田博愛(やまだ ひろよし(はくあい)、1880年 - 1958年)は日本の内務官僚で都市計画家、土木技術者。旧都市計画法、関東大震災後の帝都復興計画を立案した。新潟県出身。

経歴編集

新潟県高田で長男として生まれる。高田中から第四高等学校 (旧制)を経て、1905年、東京帝国大学工科大学土木工学科を卒業して、東京市に入る。1908年には土木局道路課長となる。

その後埼玉県と滋賀県の土木課長を経て、1918年に内務省大臣官房局に都市計画課が創設されると、土木分野の主任技師に抜擢され、都市計画課長池田宏や建築主任技師の笠原敏郎らと協力して都市計画法と市街地建築物法の立案と制定に関し中心的役割を果たす。

1920年には欧米に視察旅行。1922年には都市計画課が局に昇格すると、土木事業担当の第一技術課長に就任した。

震災後、直ちに雁災地を調査の上、第一技術課、第二技術課の職員とともに帝都復興計画の原案を作成した。元来几帳面な性格であったらしく、施設計画に際しての積算はかなり緻密なものであったという。帝都復興院が設立されると、山田は計画局第一技術課長となり、計画案作成に当たった。

1924年には帝都復興院は廃止されて、内務省復興局となるが山田は東京第一出張所長に転じ、復興事業の現場責任者となるが、翌年退官した。

その後は日本大学で教鞭をとる。以前から同志とともに日本大学に技術専門学校を設立することに尽力していたが、1920年に講師となり、日本大学に工学部ができると、1931年に教授となり、都市計画を教えた。

1958年に自転車交通事故により他界する。

都市計画協会内に生前所蔵していた資料を収集した山田博愛文庫がある。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献編集

  • 新谷洋二他『道』東京大学公開講座48、東京大学出版会、1988年
  • 新谷洋二 「土木史、部門別にみた事業と人物④都市計画」『土木学会誌』1982年10月号
  • 新谷洋二他「土木と百人」『土木学会誌』1983年8月号