高田市

日本の新潟県にあった市

高田市(たかだし)は、かつて新潟県西部(上越地方)に存在した。現在の上越市南部。市制施行前は中頚城郡に属していた。

たかだし
高田市
Emblem of Takada, Niigata.svg
高田市章
廃止日 1971年4月29日
廃止理由 新設合併
高田市直江津市上越市
現在の自治体 上越市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
北信越地方上信越地方
広域関東圏
都道府県 新潟県
市町村コード 15203-0
面積 145km2.
総人口 75,053
(1971年)
隣接自治体 直江津市新井市板倉町清里村牧村三和村
高田市役所
所在地 新潟県高田市
座標 北緯37度08分52秒 東経138度14分10秒 / 北緯37.14786度 東経138.23603度 / 37.14786; 138.23603座標: 北緯37度08分52秒 東経138度14分10秒 / 北緯37.14786度 東経138.23603度 / 37.14786; 138.23603
高田市の地図
 表示 ウィキプロジェクト

概略編集

江戸時代初期に、越後国・信濃国の両国で45万石を与えられた松平忠輝徳川家康の六男)が居城として高田城を築いて以来、高田藩城下町として栄えた。明治の廃藩置県当初は、現在の上越地方(頚城地方)を範囲とする高田県の県庁所在地であった。

周辺地域は豪雪地帯として知られ、1945年(昭和20年)2月26日には377cmの積雪を記録した。雁木と呼ばれるアーケード状の軒先など、独特の町並が残る。

地理編集

隣接していた自治体編集

歴史編集

 
アメリカ陸軍地図局による新潟県高田市の地図。1945年版。

沿革編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い旧高田城下町人町の中頸城郡高田下紺屋町、高田下小町、高田寄大工町、高田大鋸町、高田本杉鍛冶町、高田新本杉鍛冶町、高田元府古町、高田本大工町、高田中寺町、高田下寺町、高田刃物鍛冶町、高田土橋町、高田陀羅尼町、高田新田町、高田下職人町、高田善光寺町、高田長門町、高田中屋敷町、高田本誓寺町、高田直江町、高田稲田鍛冶町、高田鍋屋町、高田西村町、高田伊勢町、高田出雲町、高田関町、高田横春日町、高田竪春日町、高田府古町、高田上紺屋町、高田上蔵番町、高田新蔵番町、高田上寺町、高田横町、高田呉服町、高田上小町、高田中小町、高田上職人町、高田桶屋町、高田杉森町、高田下田端町、高田檜物屋町、高田上田端町、高田両替町、高田須賀町、高田新須賀町、高田新職人町と、中頸城郡高士村(一部)、高田藪野新田村、高田陀羅尼新田、高田陀羅尼新々田、高田川原町新田が合併し、高田町が発足。
  • 1908年(明治41年)11月1日 - 中頸城郡高城村と合併し、高田町を新設。
  • 1911年(明治44年)9月1日 - 高田町から市制施行して高田市となり中頸城郡から離脱。
  • 1954年(昭和29年)4月1日 - 中頸城郡新道村金谷村を編入。
  • 1955年(昭和30年)
    • 2月1日 - 中頸城郡春日村諏訪村津有村三郷村和田村(一部)を編入。
    • 4月1日 - 大字愛宕国分・五智国分・毘沙門国分寺・善光寺浜・居多・居田・大場・国分寺・虫生岩戸を分離し直江津市に編入。
    • 6月1日 - 新井市の一部を編入。
  • 1958年(昭和33年)4月1日 - 大字三交(一部)・木田(一部)・中門前(一部)・薄袋(一部)・寺分(一部)を分離し直江津市に編入。
  • 1959年(昭和34年)11月1日 - 中頸城郡高士村を編入。
  • 1963年(昭和38年)8月1日 - 直江津市と境界の一部を変更。
  • 1970年(昭和45年)2月1日 - 直江津市と境界の一部を変更。
  • 1971年(昭和46年)
    • 4月15日 - 新井市と境界の一部を変更。
    • 4月29日 - 直江津市合併して上越市が発足。同日高田市廃止。

行政編集

歴代市長編集

氏名 就任日 退任日 備考
高田町長(官選)[1]
中川源造 1889年5月22日 1890年10月31日 辞職
2 大井茂作 1890年11月24日 1891年8月19日 死去
3 室十一郎 1891年9月28日 1893年10月23日 辞職
4 中川源造 1893年10月31日 1896年1月31日 辞職
5 倉石源造 1896年3月26日 1908年2月12日 辞職
6 室十二郎 1908年7月22日 1911年8月31日 辞職
高田市長(官選)
事務取扱 寒川卯之七 1911年9月1日[2] 1912年1月8日[3]
倉石源造 1912年1月6日[4] 1921年5月13日
2 河島良温 1921年8月6日[5] 1924年10月7日
3 川合直次 1924年10月29日[5] 1936年2月2日
4 江坂徳蔵 1936年7月4日 1938年8月27日
5 中川潤治 1938年10月6日 1945年3月4日
6 川上大造 1945年5月30日 1946年11月20日
高田市長(公選)
7 関威雄 1947年4月5日 1955年1月20日
8 川澄農治 1955年3月15日 1963年3月14日
9 小山元一 1963年4月30日 1971年4月28日 廃止

経済編集

産業編集

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば高田町の篤農家は、「金石源造、室十二郎、飯塚保、池内文治郎、上原左金吾、八田久十郎、山田巳太郎、高橋慶次郎、岡田五郎吉、中川源造、山岸光徹、山岸粂太郎、佐藤安平、三上宇一郎、丸山庄五郎」などである[6]

娯楽編集

  • 高田シネマ(本町) - 映画館[7]
  • 高田松竹館(本町) - 映画館[7]
  • 高田中央劇場(仲町) - 映画館[7]
  • 高田東映劇場(仲町) - 映画館[7]
  • 高田文化劇場(大町) - 映画館[7]

教育編集

交通編集

鉄道編集

脇野田駅(現上越妙高駅) - 南高田駅 - 高田駅 - 春日山駅

道路編集

出身・ゆかりのある人物編集

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集