山田 和子(やまだ かずこ、1951年-)は、日本のSF編集者翻訳家評論家福岡県北九州市生まれ。慶應義塾大学独文科中退。

「季刊NW-SF」の編集長としてJ・G・バラード等の紹介に努める。また、SF翻訳者、SFにおけるフェミニズムの論客としても活躍。長く科学技術関係の編集に携わり、この分野でも訳書がある。

「NW-SF」時代に、創刊者の山野浩一から将棋を教わったところ、たちどころに上達。1977年に、女流アマ名人戦で優勝[1]。70年代は、将棋の女流アマ強豪としても有名であった。

訳書編集

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集