加藤 光也(かとう みつや、1948年3月25日[1] - )は、日本の英文学者。首都大学東京教授を経て駒澤大学教授。日本学術会議特任連携会員。英国およびアイルランドが専門[2]

経歴編集

秋田県生まれ。1971年(昭和46年)一橋大学法学部卒業。河村錠一郎門下。1975年(昭和50年)旧・東京都立大学大学院人文科学研究科英文学専攻博士課程中退。東京都立大学人文学部助教授、同教授、首都大学東京基礎教育センター教授を経て、駒澤大学文学部教授。日本学術会議特任連携会員[3]、一般財団法人日本英文学会の設立時の評議員[4] などを務めた。

著書編集

編著編集

翻訳編集

秋草俊一郎諫早勇一貝澤哉杉本一直沼野充義毛利公美若島正共訳

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 「書評/解説/選評『ロココからキュビスムへ―18~20世紀における文学・美術の変貌』(河出書房新社)」
  3. ^ https://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-22-h166-3.pdf 日本学術会議
  4. ^ [1] 日本英文学会