メインメニューを開く
山田湾と山田港(2013年6月1日)
山田湾と山田港(2013年6月1日)

山田湾(やまだわん)は日本岩手県東部にある三陸海岸北部にあるリアス式海岸であり、北東方向に伸び、太平洋に面している。

根滝山と船越半島・小根ヶ埼を結ぶ線が湾口であり[1]、湾口幅約2.7km、奥行き約6kmである。途中、明神埼付近が最も狭く幅約600mであり、湾奥の幅は約2.5kmほどある。湾奥には大島(別名オランダ島)と小島がある。オランダ島の由来は江戸時代初期にオランダ船が来航したことにちなんでいる[2]。オランダ島は無人島であるが、海水浴場があり夏季には定期船が運航される。水産資源としてカキホタテホヤなどの養殖が盛んである。

沿岸に平野部は少なく、関口川や織笠川などが流入している。また、湾奥には山田港があり、山田町の中心市街地が広がっている。

脚注編集