オランダ島

岩手県下閉伊郡山田町の山田湾にある無人島

オランダ島(オランダじま)は、岩手県下閉伊郡山田町山田湾に位置する無人島。正式名称は大島(おおしま)[1]

大島(オランダ島)
Oranda-Jima Island Aerial Photograph.jpg
オランダ島の空中写真。
画像上方の島がオランダ島。下方は小島。周囲の海面に見える白い点は養殖イカダである。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1977年昭和52年))
所在地 日本岩手県下閉伊郡山田町
所在海域 山田湾
座標 北緯39度27分44秒
東経141度58分30秒
面積 0.027 km²
海岸線長 約0.9 km
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示
山田湾内、小島(2013年平成25年)6月1日)

概要編集

山田町の沖合に浮かび、行政上は山田町境田町に属する。三陸復興国立公園の自然保護地域に含まれ、南に隣接して小島がある。江戸時代1643年に、オランダ船「ブレスケンス号」が同町に漂着したことから「オランダ島」の名前がつけられた。なお、山田町はこの出来事を縁としてオランダ・ザイスト市と姉妹都市協定を結んでいる。

オランダ島は海水浴場として設定されており(オランダ島海水浴場)、「東北唯一の無人島の海水浴場」である[2]。夏の海水浴シーズンには、山田町とオランダ島を結ぶ連絡船(岩手県北自動車(岩手県北バス)が運営)が運航されている。しかし、2011年の東日本大震災の影響で海水浴場は閉鎖[1]。2020年8月から町民限定で海水浴場を再開した[1]。2020年11月には公衆トイレが整備され、ツアー形式で一般客を受け入れることが検討されている[1]

なお、山田町にはもうひとつ、船越半島の南側に「大島」という名の島(山田町船越、0.09km2)がある。こちらはタブノキが植生していることから「タブの大島」と呼ばれる。

編集

  1. ^ a b c d 無人島キャンプ誘客へ実験 山田町・オランダ島で専門家ら検証 - 岩手日報(2020年10月15日)2021年2月12日閲覧。
  2. ^ 山田町観光協会ホームページ

関連項目編集

外部リンク編集