メインメニューを開く

山谷 真(やまや まこと、1965年9月28日 - )は、日本救世軍士官[1]神学校教師通訳および翻訳家としても活動している[2]

経歴編集

東京・高円寺生まれ。光塩女子学院幼稚園でキリスト教に触れるも、杉並区立杉並第八小学校では級友の無神論者に論破され一度は教えから離脱。その後、後楽園球場で行なわれたビリー・グラハムの集会で再度救われ東京都立荻窪高等学校在学中に救世軍に入隊。成蹊大学文学部、救世軍士官学校卒業。

大学卒業後は士官学校教官、書記長官秘書、士官学校長補佐、司令官秘書などを歴任。

2018年現在、階級少佐。伝道事業部長を務める。

顕著な宗教上の活動編集

大尉当時、キリスト教再建主義者の富井健師と論争を行ったことがある[3][4]

訴訟編集

クリスチャントゥデイ紙がキリスト教界で一般的にカルト異端とされている統一教会と関連しているとの疑惑の追及により、同社から提訴され、キリスト教系新聞各紙(クリスチャン新聞キリスト新聞リバイバル新聞)で報道される。

2013年、11月13日、東京地裁で山谷の敗訴判決が言い渡される。名誉毀損による損害賠償の支払いとブログ記事の削除が命じられた[5][6][7]

脚注編集

著書編集

  • 『リバイバル・ジャパン』2009年5月15日号収録「福音とは何か?」

外部リンク編集