メインメニューを開く

岡原 正幸(おかはら まさゆき、1957年12月30日 - )は、日本社会学者慶應義塾大学文学部教授。

岡原 正幸
人物情報
生誕 (1957-12-30) 1957年12月30日(61歳)
東京都
出身校 慶應義塾大学
学問
研究分野 ジェンダー
芸術一般
社会学
研究機関 慶應義塾大学
学位 修士(社会学・慶應義塾大学
経済学士
学会 日本演劇学会
オルタナティブ社会学会実行委員会
日本社会学会
カルチュラルスタディーズ学会
アートミーツケア学会
障害学会
関東社会学会
現象学・社会科学会
三田社会学会
三田哲学会
公式サイト
慶應義塾大学文学部岡原研究会
テンプレートを表示

略歴編集

東京都杉並区出身。 慶應義塾普通部慶應義塾高等学校卒業。 1980年慶應義塾大学経済学部卒業。1987年同社会学研究科博士課程単位取得満期退学。

1989年慶大文学部助手、1994年助教授、2007年准教授、2008年教授[1][2]

著書編集

単著編集

  • 『ホモ・アフェクトス』(世界思想社, 1998年)
  • 『感情資本主義に生まれて』(慶應義塾大学出版会, 2013年)

共編著編集

訳著編集

  • ジークハルト・ネッケル『地位と羞恥 社会的不平等の象徴的再生産』(法政大学出版局, 1999年)

脚注編集

  1. ^ 岡原 正幸 - 慶應義塾大学 研究者情報データベース
  2. ^ 『対立を乗り越える心の実践』(東京大学出版会, 2017年)

外部リンク編集