岡本倶楽部(おかもとくらぶ)は、かつて存在した会員制リゾートクラブ老舗ホテルグループを基盤にした預託金商法で急成長したが、預託金を返還できずに2010年に経営破綻。のちにオーナーら関係者が、組織犯罪処罰法違反で処罰されている。

概要編集

静岡県熱海市熱海温泉の老舗ホテルであった岡本ホテルは、バブル景気崩壊後に経営に行き詰まり、元山口組暴力団員のオーナーの手に渡った。オーナーは、伊東市伊東温泉など他の温泉地のホテルも買収しながら岡本ホテルグループを形成するに至った。

2006年、オーナーはホテルグループの宿泊権を特典につけた預託金商法として岡本倶楽部を開始。預託金を5年間預ければ元本を保証したうえで、全国11カ所のホテル宿泊権が得られるといったものであったが、5年目にあたる2010年には預託金を返還できず、預託金の運営企業であったオー・エム・シーが倒産。全国の被害者約8,000人、200億円以上の被害が生じた[1]2011年警視庁静岡県警察兵庫県警察福井県警察の合同捜査本部はホテルのオーナーらを出資法違反の容疑で逮捕、のちに暴力団関係者が介在したとして組織犯罪処罰法違反(組織的犯罪)の容疑に切り替えて捜査を行っている[2]。2013年、東京地方裁判所はオーナーに対して懲役18年の判決を言い渡している[3]。オーナーは、東京高等裁判所に控訴、棄却後に最高裁判所に上告を行ったが、2015年9月15日に棄却され判決が確定。刑務所に服役している[4]

ホテルのその後編集

各地の岡本ホテルの所有権は、不動産会社や建設会社等へ移り経営が続けられているものもあれば、建物が除却されているものもあるなど様々。熱海岡本ホテル跡地は、熱海市が熱海市立図書館建設などを目的に購入したが計画は頓挫。2014年に市役所の駐車場となった[5]。伊東マンダリン岡本ホテルは、伊東市が生涯学習施設建設などを目的に購入したが、こちらも計画は頓挫して図書館などの駐車場となった。なお、2018年6月16日、伊東マンダリン岡本ホテル敷地の売買に関して、元伊東市長警視庁捜査二課収賄容疑で逮捕されている[6]

脚注編集

  1. ^ 会員制リゾートクラブ「岡本倶楽部」の運営”. 東京商工リサーチ (2010年6月10日). 2018年6月22日閲覧。
  2. ^ 伊藤博敏 (2011年2月10日). “岡本ホテルに群がった魑魅魍魎たちに組織犯罪処罰法で挑む警察”. 現代ビジネスプレミアム. 2018年6月22日閲覧。
  3. ^ 岡本ホテル事件、実質オーナーに懲役18年 東京地裁判決”. 日本経済新聞 (2013年5月30日). 2018年6月22日閲覧。
  4. ^ (刑事事件)大東上告棄却で判決確定”. 全国岡本倶楽部被害対策弁護団 (2017年5月12日). 2018年6月22日閲覧。
  5. ^ 【市政】熱海岡本ホテル跡地駐車場の供与を開始 ”. 熱海ネット新聞 (2014年7月1日). 2018年6月22日閲覧。
  6. ^ 佃前市長逮捕 伊東市のホテル跡地巡る収賄容疑―警視庁”. 伊豆新聞 (2018年6月17日). 2018年6月22日閲覧。

関連項目編集