メインメニューを開く

岡本 勝(おかもと まさる、1947年11月11日 - )は、日本の法学者歌人東北大学名誉教授。専攻は、刑法、近代ドイツ刑法史、犯罪論と刑法哲学。宮城県出身。

来歴編集

宮城県中新田町(現・加美町)で建設業を営む家に生まれ、小中学時代を鳴子町川渡(現・大崎市)で送る。その後、宮城県仙台第一高等学校、東北大学法学部卒業(指導教官は荘子邦雄)。卒業後、助手、助教授、教授を経て大学院法学研究科・法学部教授。2012年定年退官、名誉教授。

伊達政宗に仕えた初代岡本久兵衛義成を始祖とする仙台藩士岡本家の16代目当主。 文学にも造詣が深く、東北大学短歌会の顧問をしていた。島田修二(青藍・草木)に師事していたが、現在は「まひる野」に所属。橋本喜典篠弘に師事。2009年4月、第一歌集『蠍の火』(短歌新聞社)、2014年4月、第二歌集『冬の天狼』(現代短歌社)を出版。副会長を経て、2015年4月より宮城県歌人協会会長を務める。2016年度宮城県芸術祭賞を受賞。

略歴編集

公職等編集

著作編集

  • 『犯罪論と刑法思想』(信山社、2000年)
  • 『蠍の火 岡本勝歌集』短歌新聞社 まひる野叢書 2009
  • 『冬の天狼 岡本勝歌集』現代短歌社 まひる野叢書 2014

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 東北大学史料館「岡本勝教授業績目録

外部リンク編集