メインメニューを開く

岡部 親綱(おかべ ちかつな、生年不詳 - 永禄5年(1562年))は、戦国時代武将駿河の大名今川氏の家臣。通称・左京進、出家して玄忠。

 
岡部親綱
時代 室町時代戦国時代
生誕 不詳
死没 永禄5年(1562年
別名 左京進、二郎、玄忠
主君 今川氏輝 - 義元
氏族 岡部氏藤原南家工藤氏
父母 父:岡部仲綱
元信

目次

経歴編集

今川氏輝の側近であった。氏輝没後の天文5年(1536年花倉の乱に際しては栴岳承芳(今川義元)方に味方し、方ノ上城花倉城(史料上は「葉梨城」)を攻撃、落城せしめるなど大いに戦功を上げ、今川義元より感状を送られたという[1]

脚注編集

  1. ^ 椿原 2009 pp.110-111

参考文献編集

関連項目編集