岡部 元信(おかべ もとのぶ)は、戦国時代武将今川家家臣。後に甲斐武田家の家臣。

 
岡部元信
時代 戦国時代安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正9年3月22日1581年4月25日
改名 元綱、元信
別名 長教、真幸、元綱、(通称)五郎兵衛
官位 丹波守
主君 今川義元氏真武田信玄勝頼
氏族 岡部氏藤原南家工藤氏
父母 父:岡部親綱
兄弟 一説に正綱長秋元信(長教)
真堯元昌、娘(土屋昌恒室)
テンプレートを表示

素性編集

通称は五郎兵衛、受領名は丹波守。名()は元信のほか、よく知られるものには長教(ながのり)があり[注釈 1]、そのほか真幸(さねゆき)・元綱(もとつな)も、元信の別名であると推測されている。このうち、元信・元綱の「元」の字は、今川氏の家臣だった間に主君の今川義元から偏諱を与えられたものであり、真幸も、義元の子・氏真から重ねて偏諱(「真」の字)を賜う形で名乗ったものである[1]

岡部家の本貫は駿河志太郡岡部(現在の静岡県藤枝市岡部町)で、朝比奈信置孕石元泰と並ぶ駿河先方衆の1人であった[2]。父は岡部親綱(玄忠)である。また弟が少なくとも2名以上いたことが分かっている[3]。系図類などでは岡部久綱(信綱)の子である岡部正綱の弟とされることが多いが、元信(小次郎元綱)の初見は天文11年(1542年)であり、これは正綱の生年と同じである。また父親が明らかに別人であり、実際の所は不明である。

生涯編集

今川家の時代編集

父の岡部親綱は今川氏の重臣であり、今川義元の家督相続に重要な役割を果たした。元信自身も遠江および三河の平定に大きく貢献した武将の1人。天文17年(1548年)の第2次小豆坂の戦いでは筋馬鎧に猪の立物をつけて力戦し、今川軍の勝利に貢献した[2]。天文18年(1549年)の安祥城の戦いでも戦功を挙げる[2]

時期は不明だが、一時的に知行を没収され甲斐武田信玄の元に身を寄せており、この際に信玄から「信」の偏諱を受けたとされる。通常武田氏の偏諱による「信」は上に置かれる例がほとんどであるが、当時元信は今川家臣であったから義元から下賜された「元」の字を優先したと深沢修平氏は述べている[4]。深沢氏は桶狭間の戦い直後に出された元信宛の武田信玄書状から、元信が今川家臣時代から武田氏と深く関わりを持っていたことを指摘している[4]

永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いでは織田信長との最前線である鳴海城を拠点に、織田勢と戦いを繰り広げた。主君・今川義元が織田信長に討たれた後も抵抗し続け、信長が差し向けた部隊をことごとく撃退し、主君・義元の首と引き換えに開城を申し入れ[5]、信長はその忠義に感動して義元の首級を丁重に棺に納めた上で送り届けたと伝わる[2]。元信は義元の棺を輿に乗せて先頭に立て、ゆうゆうと鳴海城を引き払った[2]。そして駿府へ帰還する途次、戦功の無いまま帰るを良しとせず刈谷城を100余の手勢で攻撃し、水野信近を討ち取り、城を焼き払った[2]。この元信の奮戦を氏真は喜び、6月8日付で元信に対し感状を与えている[2]。この際に以前没収された知行を還付されたが、旧領の相続を巡って弟二人と訴訟問題となったらしい[4]

義元の没後も元信は引き続き今川氏に仕えたが、永禄11年(1568年)12月、武田信玄駿河侵攻によって氏真が駿府を追われる。元信は当初氏真と行動を共にし後北条氏の元に身を寄せたが、後に武田氏に降伏した[4]

甲斐武田家の時代編集

武田氏に降伏後は駿河先方衆として仕えたが、元信は以前弟らと所領問題で争った経緯もあったせいか一族の統率が十分取れていなかったらしい。実際に『甲陽軍鑑』の「信玄公御代惣人数之事」では、同じ駿河先方衆の筆頭的立場である朝比奈信置は150騎、同族で元信より先に武田氏に降伏した岡部正綱は50騎を動員しているのに対し、元信は10騎のみであり駿河先方衆の中で最も少ない。このように元信の基盤は脆弱なものであったが、今川氏時代から信玄と個人的な関係があったこと、岡部氏が海賊衆の統率に深く関わっていたことから岡部氏惣領として認められ、武田氏に重用されるようになる。実際に元亀4年(1573年)の信玄死後、跡を継いだ武田勝頼によって義元隠居屋敷への居住を許可され、子息を甲府に旗本として出仕させるなど露骨な優遇策がとられるようになる[4]

武田氏は信玄の晩年とその後の勝頼の代になると徳川領である三河・遠江方面に攻勢をかけ、天正2年(1574年)6月に勝頼が遠江高天神城を落とす(第一次高天神城の戦い)。しかし、天正3年(1575年)5月、織田信長・徳川家康連合軍の前に武田勝頼が長篠の戦いで大敗すると、徳川軍による遠江方面の反攻が開始され、二俣城・犬居城・諏訪原城などが攻略される。元信はこの際に駿遠国境に近い小山城に在番しており、8月26日より徳川軍の攻撃を受けるが、猛攻を耐え凌ぎ翌9月7日に勝頼が後詰を率いて着陣するまで城を守り通した[6]

その後も家康の遠江侵攻何度も阻み、天正2年(1574年)時点で528貫であった知行が同5年(1577年)時点では総計2215貫に増加する。また、海賊衆を統括する立場であった土屋貞綱の戦死後、後継の土屋昌恒が甲府に勝頼側近として出仕していたため、昌恒の代わりに海賊衆を統括する立場として元信があたった。元信の娘が土屋昌恒と婚姻する背景にはこのような事情があったと考えられている[4]。こうした武功と駿河・遠江の海賊衆の統括の立場から天正7年(1579年)に高天神城の城将に抜擢され、遠江方面の軍事指揮権を一任される。武田家中において譜代以外で一方面の軍事指揮権を保持するのは他に真田氏のみである[7]

家康は正攻法で高天神城を落とすのは難しいと考え、天正8年(1580年)10月から高天神城の周囲に多くの付城や砦を築き、刈田を行なって兵糧攻めに持ち込んだ(高天神城の戦い[8]。元信は勝頼に後詰を求めたが、勝頼は北条氏政と対峙していて後詰を送れなかった[8]。そのため天正9年(1581年)3月になると高天神城の兵糧は底を尽き、城兵は草木をかじって飢えを凌いだ[8]。元信は覚悟を決めて残った諸将を集めて軍議を開き、「この城に入った時から生きて帰ろうとは考えていない。信玄公・勝頼公の恩義に報いるために打って出る」と覚悟を表明した[8][9]。そしてその日の夜、元信は城兵に酒を与えて最後の訣別の宴を開いた[9]

3月22日夜10時過ぎ、元信は残った城兵を率いて、徳川軍の最も手薄と見られた石川康通の陣に突撃を敢行した。これに対し、大久保忠世大須賀康高らが迎え撃った。城方の先頭の将を迎撃したのは忠世の実弟の忠教で、忠教はまさか元信が先頭に立って突撃して来たとは思っていなかったため、最初の太刀をつけると後は家臣の本多主水に任せて他の敵の追討に向かった[9]。主水は元信に組討ち勝負を挑み、元信は果敢に応戦したが、急坂を転げ落ちたところを討ち取られた[9]。享年に関しては70歳に近かったと推測されている[9]

主水は討ち取った時はまさか敵の総大将とは思っておらず、首実検で元信と分かって驚愕したという[9]。また大久保忠教は「城の大将にて有ける岡部丹波をば、平助が太刀づけて、寄子の本多主水に打たせけり。丹波と名のりたらば、寄り子に打たせましけれども、名のらぬうへなり」と『三河物語』で大敵を逸した悔しさを述べている[9]

元信と共に玉砕した城兵は730余に及んだ[9][10]。家康は自らを何度も苦しめた元信を討ち取ったことを喜び、その首級を安土城の信長の許に送り届けたという[9][11]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 元信の直系である相馬藩編纂の『衆臣家譜』で元信の別名とされている。また『改正三河後風土記』でも岡部長教の名で記述があるほか、『寛政重修諸家譜』でも岡部正綱の弟・岡部長教(五郎兵衛・丹波守)と記載がある。

出典編集

  1. ^ 歴史群像編集部 2007, p. 241.
  2. ^ a b c d e f g 歴史群像編集部 2007, p. 240.
  3. ^ 永禄3年9月1日「今川氏真判物写」(『土佐国蠧簡集残篇』)
  4. ^ a b c d e f 深沢修平「武田信玄・勝頼と岡部元信 ー武田二代による重用、その背景についてー」『武田氏研究』第60号、2019年、 18-34頁。
  5. ^ 歴史群像編集部 2007, p. 239.
  6. ^ 平山優『武田氏滅亡』KADOKAWA、2017年、73-76頁。
  7. ^ 平山優『武田氏滅亡』KADOKAWA、2017年、462-468頁。
  8. ^ a b c d 歴史群像編集部 2007, p. 242.
  9. ^ a b c d e f g h i 歴史群像編集部 2007, p. 243.
  10. ^ 『信長公記』では688
  11. ^ 歴史群像編集部 2007, p. 244.

参考文献編集

書籍
  • 歴史群像編集部編 『戦国驍将・知将・奇将伝 ― 乱世を駆けた62人の生き様・死に様』 学習研究社、2007年。 
史料
  • 『三河物語』

関連項目編集