岡部 長著(おかべ ながあきら)は、江戸時代中期の大名和泉国岸和田藩5代藩主。官位従五位下美濃守。岸和田藩岡部家6代。

 
岡部長著
Okabe Nagaakira.jpg
岡部長著肖像(泉光寺所蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 正徳元年12月26日1712年2月2日
死没 宝暦6年6月4日1756年6月30日
改名 豊次郎(幼名)、長著
墓所 大阪府岸和田市の十輪寺
官位 従五位下美濃守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
和泉岸和田藩
氏族 岡部氏
父母 岡部長敬、側室
兄弟 長著長皓長邦長矩
松平乗邑
長住長修長房久世広明正室、
内藤政陽正室、朝比奈稠池室、
岡部長剛正室、岡部長堅
テンプレートを表示

略歴編集

4代藩主・岡部長敬の長男として岸和田城にて誕生。母は側室と言われている。幼名は豊次郎。

父と正室の間に2人の息子があったがいずれも早世したため、側室の子ながら世子となり、享保9年(1724年)の父の死去により跡を継いだ。この頃から岸和田藩の藩財政が窮乏化していたため、倹約令を奨励する17条の法令を制定する。これは長著公享保之条目といわれた。また、文武を奨励するなどした。自らも絵画や能楽に優れていたといわれている。なお、寛延元年(1748年)には、大坂での朝鮮通信使接待を担当した。

宝暦6年(1756年)5月10日、次男・長住に家督を譲って隠居し、直後の6月4日に江戸にて死去した。享年46。墓所は大阪府岸和田市の十輪寺。

系譜編集