メインメニューを開く

岩下光男(いわした みつお、1917年(大正6年)~2002年(平成14年))は、日本工学者。専門は海洋工学魚群探知機の改良型の開発者。元北海道東海大学学長補佐。北海道山越郡長万部町出身。

来歴編集

1936年(昭和11年)東京電機学校電気科卒業。同年、東北帝国大学電気通信研究所助手1946年(昭和21年)電波科学専門学校助教授1950年(昭和25年)4月東海大学工学部助教授。1959年(昭和34年)同工学部教授1962年同海洋学部教授。1974年(昭和49年)同海洋学部長。1976年(昭和51年)同海洋研究所長。後に同海洋科学博物館長。1985年(昭和60年)北海道東海大学工学部教授。1986年(昭和61年)同学長補佐。1991年(平成3年)北海道東海大学退職。東海大学名誉教授。2002年骨髄異形成症候群のため逝去。

他に、北海道庁北海道地区将来計画委員、資源エネルギー庁環境審査顧問、自由時間村・岩下塾を主宰した。

受賞歴編集

著書編集

  • ​​『海​ ​:​ ​そ​の​神​秘​と​未​来』(岩下監修、​​東​海​大​学​出​版​会 1974年)
  • 『こ​れ​が​特​許​の​実​力​か​!​畠​中​水​溶​性​キ​ト​サ​ン​の​常​識』(​​産​学​社 2001年)

参考文献編集