メインメニューを開く

岩本 政一(いわもと まさいち、1903年 - 1979年)は、日本政治家実業家。元参議院議員自由民主党・1期)。

目次

来歴編集

北海道札幌市出身。札幌市立石山小学校卒。1929年貨物自動車運送業を開業。豊平自動車運輸専務北海道自動車運輸専務を経て、1956年社団法人北海道トラック協会初代会長(~1975年)や、北海道議会議員を6期務め、自民党道連幹事長、同党道連副会長、全国都道府県議会議長会副会長、北海道議会議長、北海道開発審議会委員などを歴任。1971年第9回参議院議員通常選挙北海道選挙区から出馬し当選。1期務めた。

その後、北海道交通安全協会会長、北海道自動車連盟会長、北海道相撲連盟会長、北海道旅行業協会会長などを務めた。

また国営競馬時代から馬主として知られており、札幌馬主協会第2代会長を務め[1]トラツクオー1951年菊花賞1952年天皇賞・秋優勝馬)などを所有していた。

受賞歴編集

家族編集

長子は、実業家で元北海道議会議員及び元参議院議員の岩本政光、次子は北海道議会議員で、札幌馬主協会第4代会長の岩本允[1]、允の次男で孫の岩本剛人も北海道議会議員。

参考文献編集

  • 歴代國会議員名鑑編纂委員会編『歴代國会議員名鑑 中巻』(議会制度研究会、1995年)

脚注編集

  1. ^ a b 「創立60周年記念祝賀会」開催、札幌馬主協会 競馬ブック 2008年8月28日閲覧