岩田 孝三(いわた こうぞう、1907年1月30日-1994年2月21日)は、日本の地理学者

新潟市出身。本籍・埼玉県。1930年東京高等師範学校卒、1933年東京文理科大学地理学科卒。34年同大学院退学、第二東京市立中学校(現東京都立上野高等学校)教諭、1936年陸軍経理学校教授、37年陸軍教授。45年敗戦により解雇、1951年東京学芸大学教授。1952年「わが国、国界、藩界についての政治地理学的研究」で東北大学理学博士(主査:富田芳郎教授)。70年東京学芸大学定年退官、名誉教授[1]国士舘大学文学部地理学専攻教授。地政学を論じた。

著書編集

  • 『国境政治地理』東学社 1938
  • 『地政学』朝日新聞社 1942
  • 『国防地政学』帝国書院 1943
  • 『境界政治地理学 わが国,国界藩界に就いての政治地理学的研究』帝国書院 1953
  • 『政治地理』帝国書院 1958
  • 『関址と藩界 その歴史地理的解明』校倉書房 1962
  • 『国境の地政学 国際紛争の原点』日本工業新聞社 1982

共編編集

  • 『世界地理 新観』花井重次共編 研数書院 1954
  • 『観光地理研究』編著 明玄書房 1968
  • 『帝国書院最新基本地図 世界・日本』帝国書院編集部編 監修 帝国書院,1976

翻訳編集

  • ロッシング・バック編『支那土地利用地図集成』東学社 1938
  • ワルター・パール『資源戦争』誠文堂新光社 1941

論文編集

脚注編集