メインメニューを開く

国士舘大学(こくしかんだいがく、英語: Kokushikan University)は、東京都世田谷区世田谷4-28-1に本部を置く日本私立大学である。1958年に設置された。大学の略称国士舘(こくしかん)、国士大(こくしだい)。

国士舘大学
世田谷キャンパス
世田谷キャンパス
大学設置 1958年
創立 1917年
学校種別 私立
設置者 学校法人国士舘
本部所在地 東京都世田谷区世田谷4-28-1
北緯35度38分53.3秒 東経139度39分11.2秒 / 北緯35.648139度 東経139.653111度 / 35.648139; 139.653111座標: 北緯35度38分53.3秒 東経139度39分11.2秒 / 北緯35.648139度 東経139.653111度 / 35.648139; 139.653111
キャンパス 世田谷(東京都世田谷区)
町田(東京都町田市)
多摩(東京都多摩市)
学部 政経学部
体育学部
理工学部
法学部
文学部
21世紀アジア学部
経営学部
研究科 政治学研究科
経済学研究科
経営学研究科
法学研究科
工学研究科
人文科学研究科
スポーツ・システム研究科
救急システム研究科
総合知的財産法学研究科
グローバルアジア研究科
ウェブサイト 国士舘大学公式サイト
テンプレートを表示

目次

概観編集

大学全体編集

国士舘大学は1917年柴田徳次郎により創設された私塾である国士舘とそれに続く旧制中学校が母体となって設立された大学である。元来は青年期における人間形成を目的とした中等教育機関として発足しており、大学の設置は比較的遅い1958年である。現在、3キャンパスに7学部10研究科を有する。

建学の精神編集

設立趣旨編集

物質文明の弊日に甚だしく、人は唯だ科學智を重んじて、徳性涵養を忘る今日に於て敎育とは唯だ科學智の賣買たるのみ此の如きは唯だ物質文明に終る、精神文明なくして國家豈に一日の安きを得んや、蓋し精神文明は物質文明を統一指導するものなり、精巧の武器、萬種羅列するも、兵士起って之運用するに非るよりは、戦場に何の効果なからん、吾人は精神文明と精神敎育とを此際に唱道して國家の柱石たる眞知識を養成せん事を期す。

一國の最高學府は未た天下に公開されざるなり、若し公開されるゝとするも、ノート式の講義は單竟死學のみ、其説く處高遠深邃なるが如きも、遂に之れ形式範畴のみ、何等の情熱なく、信念なし、人を化するの力なし、形式、規則、規律、試験、之れ今日の所謂敎育なるものなり。

吾人茲に於てか卓落不覊高く形式の外に立つの士に依り、膝を交へて親しく活學を講ずるの道場を開設せんと欲す、法三章、唯だ眞に師たり弟たるの情誼に依って之を維持せん事を期す、來る者は拒まず去る者は追はず、天空海濶他の覊束なく、唯だ自ら守る禮節を尚ぶのみ。

而して此の道場は大自力を孕むの契機たるを期す、陋隘僅かに膝を容るるの一小寺小屋たりと雖も、大正維新の松蔭塾たる効果あらん、一心足つて萬能始めて用ゆべし、我が道場の期する處は、心學なり活學なり、信念の交感なり、理を説いて理に堕せず、術を語つて術に溺れず、舌頭萬有を吐呑して方丈裏に風雲を捲かんとするに在り。[1]

目的編集

国士舘における教育指針の3大要綱「読書」「体験」「反省」と4条目「誠意」「勤労」「見識」「気魄」の訓話を学校法人至徳学園設立時に寄付行為と定めており、大学の理念の根底とはなっている。

聖人至徳を志し、不断の読書体験反省により、誠意・勤労・見識・気魄を涵養し、もって道義日本を建設し、世界の平和と進運とに貢献する有為の人材を養成する教育を行うことを目的とする。(出典.1919(大正8)年11月4日私塾国士舘入学式訓話。)寄付行為は1952(昭和27)年10月10日に旧文部省によって認可され、その後改訂されていない。

教育および研究編集

体育学部があり、警察への就職は多い。大学ランキング2017年版 (AERAムック)採用ランキングによると、国士舘大学は自衛官10位、警察官2位、消防士1位である。また、体育学部・文学部の一部学科・専攻では、それぞれの所定の教職課程を修了することにより養護教諭一種を取得することができるカリキュラムが用意されている[2][3]。21世紀アジア学部においては、大学院のグローバルアジア研究科と合わせ修士課程を1年含め5年間で修了することが可能である。工学系においては、全日本学生フォーミュラ大会で好成績を収めたこともある。また、平成27年度の科研費採択数は40件(新規採択、継続および転入分)を数える。奨学金制度は、毎年4月ごろに各学部・各研究科で募集が行われている。首都圏西部大学単位互換協定会協定の会長校である。

学風および特色編集

スポーツに力をいれている。柔道ではオリンピック金メダリストを輩出している。また、サッカー部はJリーガーもJ1レギュラープレイヤーを輩出したこともある。各専攻に応じた教員免許状取得が可能な教職課程カリキュラムが設定されている[4]。さらに学部によっては、在籍学科を修了することで他の資格取得や受験資格を得られる[5]。大学関係者は、学生気質も以前に比べて柔らかくなり、かつての「硬派」「右より思想」というイメージは払拭されたと考え始めている[6][7]。「うごパン」という学生向け情報誌が年5回(4・6・9・10・12月を予定)各キャンパスで配布されている。

沿革編集

 
玄洋社跡

略歴編集

私塾国士舘は玄洋社の流れを組む青年大民團の思想を広める教育機関として設立された。 興亜専門学校(現在の亜細亜大学)と国士舘専門学校(旧制)における興亜科の関係は興亜専門学校の設立に興亜科藤原繁やその他の教職員が加わっていたため、学校法人国士舘及び国士舘大学の正史には興亜科が国士舘専門学校より分離したと記述がある(設置申請者が財団法人国士舘であったが興亜科自体は独立経営であった)。ただし、興亜専門学校設置により興亜科は廃止となったのは事実である[8]

年表編集

 
国士舘の設立を協議する有志
前列左から頭山満野田卯太郎渋沢栄一徳富蘇峰、後列最右が創立者の柴田徳次郎
  • 1917年大正6年) - 麻布笄町に私塾国士舘創立
  • 1919年(大正8年) - 世田谷キャンパスの現在地へ移転。財団法人国士舘開設。国士舘高等部を設置
  • 1923年(大正12年) - 国士舘中等部を設置
  • 1925年(大正14年)
    • 3月 - 国士舘中等部を閉校
    • 4月 - 国士舘中学校を設置
  • 1926年(大正15年) - 国士舘商業学校を設置
  • 1929年昭和4年) - 国士舘専門学校を設置(弓道科・興亜科・国漢柔道科・剣道科)[9]
  • 1930年(昭和5年)
    • 3月 - 国士舘高等部を閉校
    • - 国士舘高等拓植学校を設置
  • 1934年(昭和9年)11月 - 国士舘高等拓植学校を廃止認可
  • 1941年(昭和16年) - 興亜科廃止
  • 1942年(昭和17年) - 高等拓植学校を設置(満蒙支科・南洋科)
  • 1945年(昭和20年)12月 - 高等拓植学校を廃止認可
  • 1946年(昭和21年) - 財団法人国士舘を財団法人至徳学園に、国士舘専門学校は至徳専門学校に、国士舘商業学校は至徳商業学校に、国士舘中学校は至徳中学校に校名を変更
  • 1947年(昭和22年) - 至徳中学校(新制)を設置
  • 1948年(昭和23年) - 至徳高等学校(全日制普通科、定時制商業科)、至徳商業高等学校(全日制)を設置
  • 1949年(昭和24年)3月 - 至徳中学校(旧制)、至徳商業学校、至徳商業高等学校を廃止
  • 1951年(昭和26年) - 運営母体が財団法人至徳学園から学校法人至徳学園に変更
  • 1953年(昭和28年) - 学校法人至徳学園を学校法人国士舘に、至徳高等学校を国士舘高等学校に、至徳中学校を国士舘中学校に名称を変更。国士舘短期大学を設置
  • 1955年(昭和30年)3月 - 至徳専門学校を廃止
  • 1958年(昭和33年)4月 - 国士舘大学設置(体育学部体育学科)
  • 1961年(昭和36年)4月 - 政経学部(政治学科・経済学科)を開設
  • 1962年(昭和37年)4月 - 政経学部に経営学科を増設
  • 1963年(昭和38年)4月 - 工学部(機械工学科・電気工学科)を開設
  • 1964年(昭和39年)4月 - 工学部に土木工学科・建設学科を増設
  • 1965年(昭和40年)4月 - 政経学部二部(政治学科・経済学科)、大学院政治学研究科(修士課程・博士課程)、大学院経済学研究科(修士課程・博士課程)開設。政経学部を政経学部一部と改称
  • 1966年(昭和41年)
    • - 鶴川校舎を開設
    • 4月 - 法学部(法律学科)、文学部(教育学科(教育学専攻・倫理学専攻)・史学地理学科(国史学専攻・東洋史学専攻・地理学専攻)・文学科(漢学専攻・国語国文学専攻))を開設
  • 1967年(昭和42年)4月 - 文学部史学地理学科の国史学専攻に考古学コースを設置
  • 1968年(昭和43年) - 国士舘大学経理研究所を設置
  • 1969年(昭和44年)4月 - 文学部教育学科に初等教育専攻を増設
  • 1974年(昭和49年)4月 - 教養部開設。国士舘大学比較法制研究所を設置
  • 1976年(昭和51年)
    • 4月 - 文学部文学科の漢学専攻を中国文学専攻に改組
    • - イラク古代文化研究所を設置
  • 1977年(昭和52年)
    • 4月 - 文学部教育学科の初等教育専攻が鶴川校地へ移転
    • 11月 - 学園祭が楓門祭に改称
  • 1978年(昭和53年) - 武道・徳育研究所を設置
  • 1982年(昭和57年)
    • 4月 - 国士舘大学スポーツ研究所を開設
    • - 国士舘大学総合経済研究所を設置
  • 1983年(昭和58年)
    • 3月 - 柴田会館竣工
    • - 国士舘大学理工学研究所を設置
  • 1987年(昭和62年)
    • - 国士舘大学比較法制研究所を(法学部附属)比較法制研究所に改組
    • 6月30日 - 国士舘大学経理研究所、国士舘大学総合経済研究所を廃止
    • 7月1日 - (政経学部附属)経済研究所、(政経学部附属)経営研究所を設置
  • 1989年平成元年)
    • 2月 - 国士舘大学スポーツ研究所を廃止
    • 7月 - エジプト武道館竣工(竣工後、エジプト・アラブ共和国へ寄贈)
  • 1992年(平成4年)
    • 2月 - 多摩校舎(教室・管理棟、体育館、武道棟、食堂)竣工
    • 4月 - 体育学部を多摩校舎へ移転
  • 1994年(平成6年)4月 - 大学院工学研究科(修士課程)を開設
  • 1995年(平成7年)4月 - 大学院法学研究科(修士課程)を開設
  • 1996年(平成8年)3月 - 教養部を廃止
  • 1997年(平成9年)4月 - 経営学研究科(修士課程)を開設
  • 1998年(平成10年) - 世田谷校舎に中央図書館、体育・武道館が完成
  • 1999年(平成11年)4月 - 大学院経営学研究科、大学院法学研究科、大学院工学研究科に博士課程を開設
  • 2000年(平成12年)4月 - 体育学部に武道学科・スポーツ医科学科を増設
  • 2001年(平成13年)
    • 4月 - 法学部に現代ビジネス法学科(昼夜開講制)を増設。大学院スポーツ・システム研究科(修士課程)、人文科学研究科(修士課程)を開設。工学部の電気工学科を電気電子工学科に改組
    • - (法学部附属)最先端技術関連法研究所を設置
  • 2002年(平成14年)
    • - 国士舘短期大学を学生募集停止
    • 4月 - 21世紀アジア学部(21世紀アジア学科(21世紀日本理解コース・アジア地域デザインコース・アジアビジネスコース))を開設。工学部の機械工学科を機械情報工学科に、土木工学科を都市システム工学科に、建築学科を建築デザイン工学科に改組
  • 2003年(平成15年)
    • 3月 - 国士舘短期大学を廃止
    • 4月 - 政経学部一部を政経学部に改称。政経学部一部・二部を昼間主・夜間主制に改組。スポーツ・システム研究科、人文科学研究科にそれぞれ博士課程を開設
  • 2004年(平成16年)4月 - 文学部史学地理学科の国史学専攻を考古・日本史学専攻に、地理学専攻を地理・環境専攻に、文学科の中国文学専攻を中国語・中国文学専攻に、国語国文学専攻を日本文学・文化専攻に改組
  • 2005年(平成17年)
    • 5月 - 世田谷・梅ヶ丘キャンパスの整備の基本方針が決定
    • 7月 - 国士舘大学ウェルネス・リサーチセンター開設
  • 2006年(平成18年)
    • 4月 - 大学院グローバルアジア研究科(修士課程・博士課程)、大学院総合知的財産法学研究科(修士課程)を開設。21世紀アジア学部21世紀アジア学科の21世日本理解コース・アジア地域デザインコース・アジアビジネスコースを交流アジアコース・アジアビジネスコース・アジア探求コースに改編
    • - 法学部現代ビジネス法学科の昼間主制・夜間主制を廃止。国士舘大学地域交流文化センターを開設
  • 2007年(平成19年)
    • 3月 - 政経学部二部を廃止
    • 4月 - 工学部機械情報工学科・電気電子工学科・都市システム工学科・建築デザイン工学科を理工学部理工学科機会工学系・電子情報系・建築学系・都市ランドスケープ学系・健康医工学系・基礎理学系へ改組
  • 2008年(平成20年)
    • 4月 - 体育学部こどもスポーツ教育学科を増設。政経学部の昼間主・夜間主制を廃止し、フレックスタイム制とする。東京都立明正高等学校跡地に世田谷キャンパス梅ヶ丘校舎が完成。鶴川キャンパスの政経学部、法学部、文学部に所属する学生は世田谷キャンパスおよび世田谷キャンパス梅ヶ丘校舎へ移転
  • 2009年(平成21年)
    • - 鶴川キャンパス町田キャンパスに名称変更
    • - (政経学部附属)政治研究所を開設
  • 2010年(平成22年)4月 - 大学院救急システム研究科(修士課程)を開設
  • 2011年(平成23年)4月 - 経営学部経営学科を開設(政経学部経営学科を経営学部経営学科に改組)
  • 2013年(平成25年)
    • 3月 - 工学部を廃止
    • 4月 - 大学院救急システム研究科に博士課程を開設。大学院法学研究科に3コース制を導入
    • - 世田谷キャンパス旧第二体育館跡地にメイプルセンチュリーホール完成
  • 2014年(平成25年)4月 - 理工学部理工学科の都市ランドスケープ学系からまちづくり学系に改組
  • 2016年(平成28年)
    • 4月 - 政経学部の政治学科を政治行政学科に改組
    • - 多摩キャンパスにメイプルセンチュリーセンター多摩完成
  • 2017年(平成29年)
    • - 創立100周年
    • 3月 - 政経学部経営学科を廃止
  • 2018年(平成30年)4月 - 文学部教育学科の教育学専攻・倫理学専攻・初等教育専攻を教育学コース・初等教育コースへ、史学地理学科の考古・日本史学専攻・東洋史学専攻・地理・環境専攻を考古・日本史学コース・地理・環境コースに、文学科の中国語・中国文学専攻・日本文学・文化専攻を日本文学・文化コースに改組[1]
  • 2019年(平成31年)
    • 3月 - 国士舘大学アジア・日本研究センターを廃止
    • 4月 - 21世紀アジア学部21世紀アジア学科のを交流アジアコース・アジアビジネスコース・アジア探求コースをアジア社会コース・アジアビジネスコース・アジア文化コースに改編。(21世紀アジア学部附属)21世紀アジア学研究所を設置

基礎データ編集

所在地編集

 
町田キャンパス
 
多摩キャンパス
  • 世田谷キャンパス(世田谷区世田谷
    • 世田谷校舎
    • 梅ヶ丘校舎(34号館)(世田谷区梅丘)
      • 政経学部
      • 理工学部
      • 法学部
      • 文学部
      • 経営学部
  • 町田キャンパス(町田市広袴
    • 21世紀アジア学部
    • 体育学部こどもスポーツ教育学科
  • 多摩キャンパス(多摩市永山
    • 体育学部体育学科、体育学部武道学科、体育学部スポーツ医科学科

象徴編集

  • 校章はをイメージしている(中高に若干のデザインの違いがある)。
  • 大学歌はない。しかし、学校法人国士舘が設置している学校で統一的に舘歌として歌われている。
  • シンボルマークはアルファベットのKをデザインしたものである。
  • スクールカラーは特に決まってはいないが、近年はシンボルマークのKの色を、深紅の楓の色をオリジナルの国士舘レッドとして使用している。

教育および研究編集

組織編集

学部編集

大学院編集

経営学研究科、法学研究科のコースは修士課程のみ設置。

  • 政治学研究科
    • 政治学専攻(修士課程・博士課程)
  • 経済学研究科
    • 経済学専攻(修士課程・博士課程)
  • 経営学研究科
    • 経営学専攻(修士課程・博士課程)
      • 経営コース
      • 会計コース
  • スポーツ・システム研究科
    • スポーツ・システム専攻(修士課程・博士課程)
      • スポーツ教育コース
      • スポーツ科学コース
  • 救急システム研究科
    • 救急救命システム専攻(2年コース修士課程・1年コース修士課程・博士課程)
  • 工学研究科
    • 機械工学専攻(修士課程)
      • 先進加工学コース
      • モビリティ・ロボティクスコース
      • 熱・流体・エネルギー工学コース
    • 電気工学専攻(修士課程)
      • 情報メディアコース
      • 電気・電子・通信コース
      • 医工学システムコース
      • 数理コース
    • 建設工学専攻(修士課程)
      • 構造・防災・サステナブルコース
      • まちづくり環境コース
      • 建築総合技術コース
      • 福祉住環境コース
      • 建築デザイン・計画コース
    • 応用システム工学専攻(博士課程)
      • 生産開発システム工学分野
      • 電子システム工学分野
  • 法学研究科
    • 法学専攻(修士課程・博士課程)
      • 基幹法コース
      • 税法・ビジネスコース
      • スポーツ法コース
  • 総合知的財産法学研究科
    • 総合知的財産法学専攻(修士課程)
  • 人文科学研究科
    • 人文科学専攻(修士課程・博士課程)
      • 考古・歴史学コース
      • 文学・文化論コース
      • 地理・地域論コース
    • 教育学専攻(修士課程・博士課程)
  • グローバルアジア研究科
    • グローバルアジア専攻(修士課程)
      • ビジネスコミュニケーション分野
      • 国際日本語教育分野
      • 文化遺産学分野
    • グローバルアジア研究専攻(博士課程)

附属機関編集

  • 柴田会館
  • イラク古代文化研究所
    • イラク古代文化研究所展示室
  • 武道・徳育研究所
  • アジア・日本研究センター
  • ウェルネス・リサーチセンター
  • 国士舘史料室
  • 防災・救急救助総合研究所
  • 図書館・メディアセンター
    • 中央図書館・情報メディアセンター(世田谷キャンパス)
    • 鶴川図書館・情報メディアセンター(町田キャンパス)
    • 多摩図書館・情報メディアセンター(多摩キャンパス)
  • 情報科学センター
  • 地域交流文化センター
  • 生涯学習センター
  • 政治研究所(政経学部附属)
  • 経済研究所(政経学部附属)
  • 体育研究所(体育学部附属)
  • 理工学研究所(理工学部附属)
  • 比較法制研究所(法学部附属)
  • 最先端技術関連法研究所(法学部附属)
  • 21世紀アジア学研究所(21世紀アジア学部附属)
  • サテライトキャンパス
海外拠点

教育編集

採択されているプログラム編集

学生生活編集

学園祭編集

国士舘大学ではキャンパスごとに学園祭が独立開催されている。

  • 世田谷キャンパス
    • 楓門祭(ふうもんさい)
      • 11月2日、3日
        • 芸能人のコンサートやミスコンテストが開催されている。なお、国士舘大学では、ミスコンテストの優勝者を『ミス国士舘』ではなく学章の楓にちなんで『メイプルクイーン』と呼ぶ。
        • 近年はコンサートよりお笑い芸人のステージが多い。
        • 1967年に創立50周年を記念して明治祭として開催され、1977年より楓門祭となる。
        • 開催名は他祭と違い、第○○周年楓門祭
  • 町田キャンパス
    • 鶴川祭(つるかわさい)
      • 5月下旬の土曜日、日曜日
        • 新入生歓迎の運動会が始まりであったため、現在においてもスポーツ大会が多く開催されている。また、ちびっ子剣道大会、ちびっ子空手大会などの近隣参加企画も準備されている。かつてはバスケットボール、バレーボール、ソフトボール、モンゴル相撲等の大会があった。
        • 第1回旧鶴川祭は1969年に明治祭に併設され開催。現在の鶴川祭は、1985年より開催。
    • アジアンフェスタ
      • 21世紀アジア学部が設置される1年前より開催され、設置後は21世紀アジア学部の学生のみで組織され実施されている。第1回は21世紀アジア学部設置の1年前、2001年度に開催。2008度より鶴川祭を継承する。
  • 多摩キャンパス
    • 多摩祭(たまさい)
    • 11月第3土曜日、日曜日
      • 体育会を中心としたスポーツの祭典である。柔道部や相撲部の学生が出場するカラオケや各競技のユニフォームで参加する部対抗駅伝が開催されている。また、近隣住民も対象としたビンゴ大会をメイン企画として運営しており、多くの家族連れが集まる。
      • 平成7年に多摩カップとして開催され、1996年より開催。

スポーツ編集

学内奨学金編集

  • 入学試験に係わる学内奨学金
    • 成績優秀奨学生制度
  • 学業優秀奨学生
  • 運動技能優秀奨学生
  • 修学援助奨学生
    • 奨学生A:納入金の全額免除
    • 奨学生B:入学金を除く納入金の免除
    • 奨学生C:授業料の免除
    • 奨学生D:授業料の5割免除
  • 塩沢奨学金(理工学部)
  • 田中奨学金(理工学部)
  • 中村宗雄奨学基金(法学部)
  • 公益信託 橘高倫一記念奨学基金(文学部在籍・千葉県内高校卒業者限定)
  • 外国人留学生奨学金
  • 国際交流センター
    • 国士舘大学外国人留学生奨学生
  • 交換留学生対象
    • 国士舘大学留学奨励金
  • 国士舘大学同窓会奨学融資(長期・短期)

大学関係者と組織編集

施設編集

キャンパス編集

 
交通

すべてのキャンパスが小田急線で結ばれている。

学生食堂編集

  • 町田キャンパス
    ニコラス精養堂
    アンブラン
  • 多摩キャンパス
    新東京食堂

学生寮編集

全寮制として設置された学校の名残として、現在も下記の寮が開設されている。

  • 世田谷キャンパス
    • 世田谷寮(昭和43年竣工)
    松陰寮(一般男子学生のみ)
    ゲストハウス(留学生のみ)
  • 町田キャンパス
    • 鶴川寮(昭和42年竣工)
    望嶽寮(一般男子学生と硬式野球部/サッカー部のみ)
    すみれ寮(一般女子学生のみ)(昭和45年設置)

過去に存在した寮

  • 男子寮
    • 回天寮
    • 正気寮
    • 時習寮
    • 青雲寮
    • 富士見寮
    • 錦楓寮
  • 女子寮
    • 常盤寮
    • 松柏寮
    • 清節寮
    • 菊寮

対外関係編集

他大学との協定編集

大学院単位互換交流協定(人文科学研究科 人文科学専攻)
  • 地理学分野の単位互換協定・協定校
    • 駒澤大学大学院 人文科学研究科地理学専攻
    • 専修大学大学院 文学研究科地理学専攻
    • 日本大学大学院 理工学研究科地理学専攻
    • 法政大学大学院 人文科学研究科地理学専攻
    • 明治大学大学院 文学研究科地理学専攻
    • 国士舘大学大学院 人文科学研究科人文科学専攻
  • 考古学分野の単位互換協定・協定校
    • 駒澤大学大学院 人文科学研究科歴史学専攻
    • 昭和女子大学大学院 生活機構研究科生活文化研究専攻
    • 国士舘大学大学院 人文科学研究科人文科学専攻

協定校編集

系列校編集

いわゆる大学を頂点とする「附属学校」ではなく、同一学校法人が運営する独立した学校の集合体という形態を取っている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1917(大正6)年11月4日に青年大民團と国士舘の併記で配布された配布物
  2. ^ 養護教諭の免許資格を取得することのできる大学,文部科学省HP
  3. ^ 教職課程情報公開サイト,国士舘大学HP
  4. ^ 資格取得 教職課程,国士舘大学HP
  5. ^ 資格取得 各種資格,国士舘大学HP
  6. ^ 日本私立大学協会〔連載〕高めよ深めよ大学広報力〈61〉こうやって変革した58 平成22年2月 第2391号(2月17日)
  7. ^ 山内太地 (監修)『大学生図鑑2012』晋遊舎、2011年3月28日、[要ページ番号]ISBN 978-4-86391-252-6
  8. ^ (東急グループ)
  9. ^ 『国士舘要覧2018』p.20の「歴史 年表」では「国漢剣道科」と「柔道科」を設置した旨が記載されている
  10. ^ 平成20年度「専門職大学院等における高度専門職業人養成教育推進プログラム」選定取組一覧
  11. ^ 2014年06月23日 大学連携協定締結式・記念シンポジウム開催
  12. ^ トップページ>子育て・学び>教育大学連携 >国士舘大学と包括連携協定を締結 八潮市HP
  13. ^ 「東京都市大学ナノテクノロジー研究推進センターと国士舘大学理工学研究所が、研究交流に関する覚書を締結」 先端研究 大学間連携2017/05/24 大学プレスセンターHP

外部リンク編集