メインメニューを開く

岳野 竜也(たけの たつや、1986年5月14日 - )は、福岡県糟屋郡志免町出身の元プロ野球選手捕手)。右投右打。現在は埼玉西武ライオンズブルペン捕手を務めている。

岳野 竜也
SL-Tatsuya-Takeno20110310.jpg
西武選手時代
(2011年3月10日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県糟屋郡志免町
生年月日 (1986-05-14) 1986年5月14日(33歳)
身長
体重
180 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 2008年 ドラフト5位
初出場 2010年7月18日
最終出場 2011年5月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

九州産業高では甲子園出場こそ無いが、高校通算31本塁打と長打の打てる捕手としてプロから注目され始める。

福岡大学に入学後、その素質をさらに開花させ、大学3年時の秋季リーグ戦では最優秀選手賞を獲得。九州の大学ナンバー1捕手という呼び声も高かった。2008年のドラフト会議にて西武に5位で指名され仮契約した後に九州3連盟代表として出場した第39回明治神宮野球大会では、初戦で斎藤佑樹を擁する早稲田大学と対戦。敗れたものの5番キャッチャーで4打数2安打1打点と活躍した。

2009年、シーズン通して二軍であったものの、非凡なバッティングセンスを見せまずまずの成績を残した。また捕手のほかに一塁手として出場することも多くあった。2010年、プロ入り初出場。2011年シーズンは正捕手細川亨がFA移籍したのと、ライバル捕手で経験豊富な野田、米野が怪我で離脱したこともあり3番手捕手として一軍登録された。しかし力不足は否めずわずか2試合の出場にとどまった。

2013年10月29日に戦力外通告を受け[1]11月1日に任意引退公示された[2]。現役引退後は、ブルペン捕手としてライオンズに残る[3]

選手としての特徴・人物編集

がっちりとした体型に加え、強肩でやや粗削りながらもパワフルな打撃が特徴の捕手である。

2011年12月15日に入籍し[4]、翌年2月6日に第一子(長女)が誕生している[5]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2010 西武 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 .000 .000 .000
2011 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .000 .000 .000 .000
通算:2年 4 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2 .000 .000 .000 .000

年度別守備成績編集


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2010 2 3 0 0 0 0 1.000 0 0 0 -
2011 2 2 1 0 0 1 1.000 0 0 0 -
通算 4 5 1 0 0 0 1.000 0 0 0 -

記録編集

背番号編集

  • 39 (2009年 - 2013年)
  • 90 (2014年)
  • 79 (2015年 - )

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 埼玉西武ライオンズ選手来季契約について西武球団公式サイト2013年10月29日配信
  2. ^ 2013年度 任意引退選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年11月1日閲覧。
  3. ^ 背番号のお知らせ 埼玉西武ライオンズオフィシャルサイト(2013年11月3日配信)2013年11月3日閲覧。
  4. ^ 岳野竜也選手 入籍のお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  5. ^ 岳野竜也選手に第一子誕生 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト

関連項目編集

外部リンク編集