峯風 (駆逐艦)

峯風型駆逐艦
Japanese destroyer Minekaze Yokosuka Showa 7.jpg
艦歴
計画 1917年度(八四艦隊案
起工 1918年4月20日
進水 1919年2月8日
竣工 1920年5月29日
その後 1944年2月10日戦没。
除籍 1944年3月31日
要目
排水量 基準:1,215トン
公試:1,345トン
全長 102.6メートル
全幅 8.92メートル
吃水 2.79メートル
機関 ロ号艦本式缶4基
パーソンズタービン2基2軸
38,500馬力
速力 39ノット
航続距離 14ノットで3,600カイリ
燃料 重油:395トン
乗員 154名
兵装 45口径12cm単装砲4門
6.5mm単装機銃2挺
53.3cm連装魚雷発射管3基
(魚雷8本)
一号機雷16個

峯風(みねかぜ)は、日本海軍駆逐艦峯風型1番艦である。「峰風」と表記される場合がある。艦名は峯に吹く風に由来する。

艦歴編集

舞鶴海軍工廠で建造。一等駆逐艦に類別され、横須賀鎮守府籍に編入された。

1920年(大正9年)12月、同型艦の「澤風」、「矢風」、「沖風」と共に第二駆逐隊を編成し、第二艦隊第二水雷戦隊に編入された。

1932年(昭和7年)、第一次上海事変に際して、長江水域の諸作戦に参加した。1937年(昭和12年)から1939年(昭和14年)には、日中戦争における華北華中沿岸での諸作戦に従事。

1940年(昭和15年)10月11日、横浜港沖で行われた紀元二千六百年特別観艦式に参加[1]

1941年(昭和16年)9月15日、鎮海警備府に編入され、対馬海峡方面で哨戒活動を行った。

1942年(昭和17年)4月10日、「峯風」は佐世保防備戦隊に編入された。同月12日に佐世保を出港し、佐世保近海で哨戒活動を実施。9月25日に佐世保を出港し、サイパン島トラック島ラバウルへの船団護衛に従事する。11月12日に佐世保に入港し、整備・補給を行った。11月27日に佐世保を出港し、佐世保・東シナ海方面において船団護衛、哨戒監視に従事。12月1日、佐世保に帰港した。1943年(昭和18年)も引き続き東シナ海方面での船団護衛任務に従事する。

1944年(昭和19年)2月1日、「峯風」は第一海上護衛隊に編入され、2月5日に門司港を出港し高雄までモタ02船団の護衛任務に就いたが、2月10日に米潜水艦「ポーギー」の雷撃により台湾沖にて沈没した[2]

歴代艦長編集

※『艦長たちの軍艦史』218-219頁による。階級は就任時のもの。

艤装員長編集

  • 木田新平 少佐:1918年12月1日[3] - 1919年3月15日[4]
  • (兼)木田新平 少佐:1919年3月15日[4] - 1919年4月1日[5]
  • (兼・心得)木田新平 少佐:1919年4月1日[5] -

艦長編集

脚注編集

  1. ^ 『紀元二千六百年祝典記録・第六冊』、369頁
  2. ^ 昭和18年11月15日~昭和19年11月30日 海上護衛総司令部戦時日誌(1)』」 アジア歴史資料センター Ref.C08030137300 、画像51。
  3. ^ 『官報』第1900号、大正7年12月3日。
  4. ^ a b c 『官報』第1984号、大正8年3月17日。
  5. ^ a b c d 『官報』第1997号、大正8年4月2日。
  6. ^ a b 『官報』第2501号、大正9年12月2日。
  7. ^ a b 『官報』第2801号、大正10年12月2日。
  8. ^ 『官報』第3043号、大正11年9月21日。
  9. ^ 『官報』第3102号、大正11年12月2日。
  10. ^ a b 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  11. ^ 『官報』第1170号、昭和5年11月21日。
  12. ^ 『官報』第2472号、昭和10年4月2日。
  13. ^ a b 『官報』第2563号、昭和10年7月19日。
  14. ^ a b 『官報』第2684号、昭和10年12月12日。
  15. ^ a b 『官報』第2835号、昭和11年6月16日。
  16. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)号外 第220号 昭和13年8月3日」 アジア歴史資料センター Ref.C13072074200 
  17. ^ 海軍辞令公報(部内限)号外 第230号 昭和13年8月25日」 アジア歴史資料センター Ref.C13072074200 
  18. ^ 海軍辞令公報(部内限)号外 第259号 昭和13年11月10日」 アジア歴史資料センター Ref.C13072074500 
  19. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)号外 第269号 昭和13年12月5日」 アジア歴史資料センター Ref.C13072074700 
  20. ^ 海軍辞令公報(部内限)号外 第273号 昭和13年12月15日」 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  21. ^ 海軍辞令公報(部内限)第555号 昭和15年11月15日」 アジア歴史資料センター Ref.C13072079500 
  22. ^ 海軍辞令公報(部内限)第614号 昭和16年4月10日」 アジア歴史資料センター Ref.C13072080700 
  23. ^ 海軍辞令公報(部内限)第708号 昭和16年9月10日」 アジア歴史資料センター Ref.C13072082000 

参考文献編集

  • 『丸スペシャル』第51号 日本の駆逐艦II、潮書房、1981年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第7巻、発売:第一法規出版、1995年。