島 定治郎(しま ていじろう、1877年明治10年)3月5日[1] - 1935年昭和10年)4月19日[2])は、日本政治家貴族院議員(多額納税)[2]商人貿易[3])、資産家[4]、大阪府多額納税者[5]実業家。島貿易、日米板硝子、日本硝子工業各社長[2][6]。族籍は大阪府平民[3][5]大阪株式取引所理事長島徳蔵の弟。

人物編集

大阪府平民・島徳治郎の二男[3]。島徳蔵の弟[3][7]慶應義塾に学んだ[5]1906年に特選[8][注 1]1902年、分家して一家を創立した[5]1904年、大阪市東区淡路町にて島商店を創業した[10]。貿易商を営む[1]

大阪府多額納税者であり諸会社の重役であった[5]。日米板硝子、日本硝子工業、島貿易、城北土地各社長、日新自動車代表取締役、日本板硝子、島商店、城北土地、大阪北港、大日本除虫粉各取締役、大阪アルカリ、満蒙毛織各監査役等をつとめた[3][5][6][7]

1918年貴族院多額納税者議員に当選し[3]、同年9月29日に就任して[11]、一期在任し1925年9月28日に退任した[12]。住所は大阪市東区高麗橋[3]、三島郡山田村[5]、同郡茨木町[6][7]

家族・親族編集

島家
  • 妻・きぬ1883年 - ?、大阪、北脇伊兵衛の長女[7]1935年、島貿易取締役に就任[10]
  • 長女・さき1903年 - ?、高知、吉村寅太郎の養子茂の妻)[7]
親戚

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『人事興信録 第9版』には、「明治二十六年慶應義塾を卒業」とある[7]。しかし『慶応義塾総覧 大正3年』によると、明治26年の卒業生に島定治郎の名はない[9]

出典編集

  1. ^ a b 『大正人名辞典』1151頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年6月4日閲覧。
  2. ^ a b c 島 定治郎とはコトバンク。2017年10月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第6版』し45頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年10月5日閲覧。
  4. ^ 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』7頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年6月2日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第7版』し51頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年10月5日閲覧。
  6. ^ a b c 『日本紳士録 第38版』大阪シ之部151頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月10日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 『人事興信録 第9版』シ46頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年10月5日閲覧。
  8. ^ 『慶応義塾塾員名簿 昭和4年版』862頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年10月5日閲覧。
  9. ^ 『慶応義塾総覧 大正3年』162-165頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年10月5日閲覧。
  10. ^ a b 会社案内、沿革、島貿易株式会社公式サイト。
  11. ^ 『官報』第1848号、大正7年9月30日。
  12. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』203頁。

参考文献編集

  • 慶応義塾編『慶応義塾総覧 大正3年』慶応義塾、1914年。
  • 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』時事新報社、1916年。
  • 東洋新報社編『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 慶応義塾編『慶応義塾塾員名簿 昭和4年版』慶応義塾、1924-1942年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第38版』交詢社、1934年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。